出陣中の日向で病死した吉川元春の嫡男
吉川元長きっかわ もとなが
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1548年(天文17年)
生誕地 安芸国
吉川元春
新庄局(熊谷信直の娘)
幼名 才寿丸
鶴寿丸、吉川元資、吉川元長、黙然斎、鉄斎
通称 少輔次郎
官名 治部少輔
近親など 祖父:毛利元就
正室:宇喜多直家の娘
伯父:毛利隆元
叔父:小早川隆景など
弟:吉川元氏、吉川広家など
従弟:毛利輝元など
ゆかりの地  安芸国 小倉山城
 安芸国 日野山城
略歴 ●吉川氏
1548年 (1歳)
毛利元就の子で、吉川家の養子に送り込まれていた吉川元春の嫡男として生まれる。

1550年 (3歳)
父、吉川元春が吉川家を相続。

父とともに小倉山城に入城。

父、吉川元春が日野山城を築き居城に。

祖父毛利元就が、遺恨を残さぬように吉川興経とその子、千法師を殺害。

1555年 (8歳)
厳島の戦

1561年 (14歳)
元服し、吉川元資と名乗る

●初陣
1566年 (19歳)
第二次月山富田城の戦で、従弟である毛利輝元とともに初陣。

1573年 (26歳)
吉川元長に改名。

1578年 (31歳)
上月城の戦で、尼子氏に勝利。

1582年 (35歳)
羽柴(豊臣)秀吉備中高松城の水攻めの最中、本能寺の変が起こるが知らないまま秀吉と和睦。(交渉役は安国寺恵瓊

●家督
1584年 (37歳)
父、吉川元春が、羽柴(豊臣)秀吉の臣下につくのことを潔しとせず隠居、これにより家督を相続。

1586年 (39歳)
父、吉川元春とともに九州攻めへ出陣。

父、吉川元春が死没。

1587年 (40歳)
遠征先の日向国にて病死。
レクイエム 父同様武勇に優れ、さらにはかなりの教養人であったと言われ、40歳での死は、その後の毛利氏の盛衰にも大きく影響した。
死没 1587年7月20日(天正15年6月15日) (享年40歳)