上洛した謙信に側近として取り立てられた
河田長親かわだ ながちか
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1545年(天文14年)
生誕地 近江国
河田元親
 
幼名 岩鶴丸
禅忠(出家名)
官名 豊前守、備前守など
近親など 正妻:北条輔広の娘
子:下条忠親、河田親詮など
ゆかりの地  上野国 沼田城
 越中国 魚津城
 越中国 松倉城
略歴 1545年 (1歳)
近江国の土豪で六角家家臣、河田元親の子として生まれる。

●謙信との出会い
1559年 (15歳)
長尾景虎(上杉謙信)が上洛した際、才能を認められ側近に。

その後、上杉家の奉行として貢献。

1561年 (17歳)
長尾景虎(上杉謙信)が関東管領職を継承し上杉姓を名乗ると、古志長尾家の長尾景信も上杉姓を許されたことから古志長尾家を相続。

●沼田
1569年 (25歳)
沼田氏の家督争いの結果、上杉家の属城となった沼田城の城代に。

●越中
1570年 (26歳)
上杉謙信越中国魚津城椎名康胤を攻め降ろした後、魚津城代に。

1573年 (29歳)
松倉城主に。

1578年 (34歳)
主君、上杉謙信が死没。

御館の乱では初め中立、のちに上杉景勝に味方。

織田信長から誘降を受けるが拒否。

越中国に侵攻してきた織田信長方の斎藤利治と戦うが敗北。
(月岡野の戦)

織田信長佐々成政柴田勝家に松倉城を攻められる。
その最中に病死。
死没 1581年4月??日(天正9年3月24日) (享年34歳)
レクイエム 古志長尾家を相続するなど、譜代の家臣でなかったにも関わらず謙信の信頼は相当に厚かった。
かなりの美童だったようで、それが謙信に取り立てられた理由とも言われている。