政宗の片目代わりをつとめた
片倉小十郎かたくら こじゅうろう
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1557年(弘治3年)
生誕地 出羽国 米沢
片倉景長
本沢真直の娘
幼名  
元服名 片倉小十郎景綱
 
官名 備中守
近親など 正妻:矢内重定の娘
子:片倉重長など
ゆかりの地  陸奥国岩代 二本松城
 陸奥国磐城 白石城
略歴 1557年 (1歳)
出羽国米沢成島八幡神社の神職、片倉景長の子として生まれる。

初め、伊達輝宗(政宗の父)に仕える。

●政宗の傅役
1575年 (19歳)
輝宗嫡男、伊達政宗の傅役に。

1581年 (25歳)
伊達政宗の初陣に従う。

1584年 (28歳)
伊達輝宗の隠居により、伊達政宗が家督を継ぐ。

1585年 (29歳)
粟之巣の変により、伊達輝宗が死没。

人取橋の戦に従軍。

二本松氏滅亡後の二本松城城代に。

1589年 (33歳)
摺上原の戦に従軍。

1590年 (34歳)
小田原城攻めの際も、政宗に従い小田原へ。

1591年 (35歳)
政宗の伺候が遅かったことが影響し、伊達家は米沢から玉造郡に減封に。

1592年 (36歳)
文禄の役(朝鮮出兵)に従軍。

1600年 (44歳)
関ヶ原の戦

1601年 (45歳)
政宗が仙台城(青葉城)に移る。

●白石城主
1602年 (46歳)
白石城主となり1万3千石を拝領。

1615年 (59歳)
病死。

一国一城令が出されるが、仙台藩は仙台城のほかに白石城を残すことを許される。
死没 1615年(元和元年)10月 (享年59歳)
レクイエム 政宗は疱瘡にかかり右目が飛び出してしまっており、それが元で消極的な性格であったが、それを矯正するために小刀でその目を切り落としたと言われている。
それをきっかけに立ち直った政宗のそばに常にあり、成人してからは軍師として補佐した。