北条家への内通が露見し誅された海津城代
春日信達かすが のぶたつ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 ????年(????年)
生誕地  
高坂昌信
 
幼名 惣次郎
高坂昌元、春日昌元、春日信達など
通称  
官名 弾正忠、周防守
近親など 兄:高坂昌澄
子:春日(森)庄助
ゆかりの地  信濃国 海津城(松代城)
 駿河国 三枚橋城
略歴 ●高坂弾正の子
????年 (1歳)
武田家家臣で海津城代、高坂昌信の子として生まれる。

1575年 (??歳)
長兄の高坂昌澄が、長篠の戦で戦死。

●家督
1578年 (??歳)
父の死により、海津城代となし、越後国上杉景勝との同盟(甲越同盟)の交渉役を引き継ぐ。

●甲越同盟
1579年 (??歳)
甲越同盟を締結。

駿河国三枚橋城代に。

●織田勢来る
1582年 (??歳)
織田信長の武田攻めが始まると、三枚橋城を棄てて新府城に入城、武田勝頼との同道を申し出るが、勝頼の側近、長坂長閑斎の反対により実現せず。

天目山の戦で武田家が滅亡すると、織田信長の重臣で川中島四郡の領主となった森長可に仕える。

本能寺の変が起こると、一揆勢を率いて森長可の撤退を阻止。これをきっかけに、人質として差し出していた嫡男、森庄助が森長可に誅される。

●上杉家
その後、川中島に侵出してきた上杉景勝に属し、海津城代に。

その後、真田昌幸の調略を受け(異説有り)、北条氏直に内通するが露見し、上杉景勝により誅される。
死没 1582年8月1日(天正10年7月13日) (享年??歳)
レクイエム