陸奥葛西七郡を領した
葛西晴信かさい はるのぶ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1534年(天文3年)
生誕地 陸奥国陸前
葛西晴胤
黒川景氏の娘
幼名  
元服名 葛西信清
 
官名 左京大夫、相模守など
近親など 兄:葛西親信
ゆかりの地  陸奥国陸前 寺池城
 陸奥国陸前 佐沼城
略歴 1534年 (1歳)
陸奥国陸中陸奥国陸前にまたがる葛西七郡(伊沢、磐井、江刺、本吉、桃生、気仙、登米)の領主、葛西晴胤の子として生まれる。

1555年 (22歳)
父、葛西晴胤の死後、兄の葛西親信が家督を相続。

●家督相続
1560年 (27歳)
当主で兄の葛西親信が病死したことから、家督を相続。

その後も伊達家との同盟の元、大崎五郡(玉造、賀美、志田、遠田、栗原)の領主、大崎家との抗争を続ける。

●上洛
1569年 (36歳)
上洛し織田信長に謁見、所領を安堵される。

1582年 (49歳)
本能寺の変

●葛西・大崎一揆と滅亡
1590年 (57歳)
豊臣秀吉小田原城攻めの際、大崎家との抗争が続いていたため参陣できず。

戦後の奥州仕置では佐沼城に籠り抗戦するが、蒲生氏郷伊達政宗らに攻められ降伏、葛西家は滅亡。(葛西大崎一揆)

1597年 (64歳)
加賀国で死没。
死没 1597年(慶長2年)10月 (享年64歳)
レクイエム