公家や天下人に仕えたもっとも著名な絵師
狩野永徳かのう えいとく
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1543年2月16日(天文12年1月13日)
生誕地 京都
狩野松栄
 
源四郎、州信、永徳(法号)
官名  
近親など 子:狩野光信、狩野孝信
ゆかりの地 GOOGLE MAP 山城国 狩野邸
GOOGLE MAP 山城国 妙覚寺(墓所)
略歴
●狩野派
1543年 1歳 絵師で狩野派の棟梁、狩野松栄の嫡男として生まれる
1552年 10歳 将軍、足利義輝に拝謁
●制作
1567年 25歳 公家、近衛前久邸の障壁画を制作
1571年 29歳 大友宗麟に招かれ豊後国へ赴き、臼杵城の障壁画を制作
1576年頃 34歳 織田信長の要請により、安土城の障壁画を制作
1583年 41歳 羽柴(豊臣)秀吉の要請により、大坂城の障壁画を制作
1586年 44歳 豊臣秀吉の要請により、聚楽第の障壁画を制作
1589年 47歳 後陽成天皇の内裏の障壁画を制作
1590年 48歳 公家、八条宮邸の障壁画を制作
東福寺法堂の天井画の作成中に発病
    死没
死没 1590年10月12日(天正18年9月14日) (享年48歳)
レクイエム 制作した作品は上記のほかに、洛中洛外図(織田信長上杉謙信に贈った)、聚光院(大徳寺の塔頭)障壁画、唐獅子図屏風、檜図屏風などがある。