滝川一益失脚の元になった北条家との戦
神流川の戦かんながわのたたかい
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
西暦 1582年
和暦 天正10年6月
周辺図
場所  上野国 神流川の古戦場
 上野国 厩橋城(前橋城)
 上野国 箕輪城
 上野国 今井城
 武蔵国 金窪城
概要 ●厩橋城
織田信長の関東方面司令の滝川一益は、甲斐武田攻めの戦功により上野国一国と信濃国の小県郡と佐久郡を与えられ、上野国厩橋城(前橋城)に入城していた。

●信長の死、北条の侵攻
ところが6月2日の本能寺の変により織田信長が倒れると、それを待っていたかのように関東の北条氏直上野国を奪回するために5万もの大軍で侵攻してきた。

滝川一益は1万6千を率いて南下、まだ北条の大軍が到着前だったこともあり、難なく北条方の前線基地、上野国今井城を攻略、そして北条の先鋒として鉢形城から出陣してきていた北条氏邦がいた武蔵国金窪城も攻略、利根川の支流である神流川付近を焼き討ちし、北条氏邦を敗走させる大勝となった。

しかし翌19日、小田原城から北条氏直の大軍が駆けつけてきたことから、再び神流川付近で戦闘となったが、北条勢の大軍に恐れをなした上州勢が退却を始め、さらに北条の伏兵に散々に打ちのめされた滝川勢は2千もの死者を出す大敗を蒙り、箕輪城へ逃げ込んだ。

滝川一益はその後、信濃国を経由して本拠の伊勢国へ戻った。

●滝川一益の失脚
この敗戦により、上野国を失ったばかりか、織田家重臣の地位も失い、信長の後継者を決定する清洲会議にも出席を許されなかった。

●上野国のその後
上野国はこの後、北条家と真田家の領土となった。