信長、秀吉、家康に仕えた飛騨守
金森長近かなもり ながちか
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1524年(大永4年)
生誕地 美濃国
 
  
幼名 五郎八
金森可近、金森長近、素玄(法号)
官名 飛騨守、兵部卿法印など
近親など 兄:金森政近
弟:安楽庵策伝など
子:金森長則、金森長光など
養子:金森可重
ゆかりの地  越前国 大野城
 飛騨国 高山城
略歴 ●土岐氏
1524年 (1歳)
美濃国多治見の国人で土岐家家臣、金森定近の次男として生まれる。

●織田家への随身
1541年 (18歳)
尾張国織田信秀に仕える。

●信長
1551年 (28歳)
織田信秀死没、引き続き織田信長に仕える。

1559年 (36歳)
織田信長の上洛に随行した際、美濃国の刺客たちにあとをつけられ命を狙われるが、その際刺客と顔見知りだったため信長からの言葉を刺客に伝える。

1560年 (37歳)
桶狭間の戦

1563年 (40歳)
稲葉山城攻めで貢献。

その後、赤母衣衆に。

1573年 (50歳)
越前国朝倉義景攻めに従軍。

近江国浅井長政攻めに従軍。

1575年 (52歳)
長篠の戦では、徳川家康の家臣、酒井忠次とともに鳶巣山砦攻略に成功。

●勝家の与力
越前国一向一揆平定戦では、別働隊を率いて美濃から奇襲をかけ勝利に貢献。
その功により、越前国大野郡の内3分の2を拝領、大野城を築城し、柴田勝家の与力として越後国上杉謙信などに対する。

●信長の死
1582年 (59歳)
天目山の戦では、飛騨口から出陣。

本能寺の変

1583年 (60歳)
賤ヶ岳の戦では柴田勝家につき佐久間盛政の指揮下に入るが、戦局が不利となったことから退却。

戦後蟄居するが、羽柴(豊臣)秀吉に許され仕える。

1585年 (62歳)
越中国佐々成政攻めに参陣。

飛騨国の姉小路氏(三木氏)を攻め降伏させる。

●飛騨
1586年 (63歳)
飛騨国一国、3万8千石を拝領。

1587年 (64歳)
九州攻めに参陣。

1588年 (65歳)
高山城を築城し居城に。

1590年 (67歳)
小田原城攻めに参陣。

1593年 (70歳)〜
文禄の役では名護屋に参陣。

1600年 (77歳)
関ヶ原の戦では徳川家康につき、飛騨国を固める。

戦後はその功により、美濃国上有知1万8千石、河内国金田3千石を加増される。

1608年 (85歳)
死没。
死没 1608年9月20日(慶長13年8月12日) (享年85歳)
レクイエム 初名は金森可近だったが、信長から一字をもらって長近となった。

千利休に学び、茶の湯にも造詣が深かった。