義心鉄の如しと言われた筑後の大名
蒲池鑑盛かまち あきもり
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1520年(永正17年)
生誕地  
蒲池鑑久
 
幼名  
蒲池鑑盛、宗雪
官名 近江守
近親など 正妻:貞口院(田尻親種の妹)
子:蒲池鎮久、蒲池鎮漣、蒲池統安、蒲池統康など
ゆかりの地  筑後国 蒲池城
 筑後国 柳川城
略歴 ●筑後の大名家
1520年 (1歳)
筑後国蒲池城主で、大友家家臣の蒲池鑑久の子として生まれる。

●二階崩れ
1550年 (31歳)
主家、大友家で二階崩れの変が起こり、大友宗麟(義鎮)が家督を相続。

これを受けて、大友義鑑の実弟で、菊池家を継承していた菊池義武や近隣の西牟田鎮豊らが反大友の旗を掲げるが、大友勢の来援により平定される。

1551年 (32歳)
周防国の太守、大内義隆陶晴賢の謀反で討ち死に。
これを受けて、旧主である少弐冬尚に攻められ追われた龍造寺隆信らを保護。

1553年 (34歳)
龍造寺隆信を支援し、村中城(佐賀城)へ復帰させる。

●柳川城
1559年 (40歳)
柳川城に居城を移し、改修を開始。

1561年 (42歳)
門司城をめぐる毛利元就との戦に参陣。

この頃、嫡男の蒲池鎮漣に家督を譲る。

1567年 (50歳)
毛利家に寝返った高橋鑑種の討伐戦に参陣。

●耳川の戦
1578年 (61歳)
耳川の戦で討ち死に。(嫡男で当主の蒲池鎮漣は病気を理由に出陣せず)
死没 1578年12月7日(天正6年11月9日) (享年61歳)
レクイエム 保護を求めてきた者は、敵であっても保護するなど、義を重んじ、義心鉄の如しと言われた名将である。

歌手の松田聖子の先祖。