泣く子も黙った上杉軍団最強の武将
柿崎景家かきざき かげいえ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1513年(?)(永正10年)
生誕地 越後国 上田
柿崎利家
 
幼名  
柿崎弥次郎景家
官名 和泉守
近親など 子:柿崎憲家など
ゆかりの地  越後国 柿崎城
略歴 1513年 (1歳)
越後国の国人、柿崎利家の子として生まれる。

●長尾家への随身
その後、越後国の守護代、長尾為景に仕える。

1537年 (25歳)
長尾為景が隠居、そのあとを継いだ長尾晴景に仕える。

●謙信への味方
1548年 (36歳)
主君、長尾晴景とその弟の長尾景虎(上杉謙信)が対立した際、景虎方につく。

長尾晴景が隠居し、長尾景虎(上杉謙信)に家督が移る。

1558年 (46歳)
春日山城の留守居役を任されるなど、国政を預かるように。

●越山(永禄3年)
1560年 (48歳)
長尾景虎(上杉謙信)に従い関東へ出兵。

1561年 (49歳)
長尾景虎(上杉謙信)に従い小田原城の北条攻めを行う。(小田原城攻め(上杉謙信)

鎌倉の鶴岡八幡宮での長尾景虎(上杉謙信)関東管領就任式では、宇佐美定満甘粕景持、河田長親とともに御先士大将を務める。

第四次川中島の戦では、妻女山の武田信玄の本陣に攻めかかるなど活躍。
柿崎隊は、武田軍の山本勘助を討ち取ったとされる。

●内通の嫌疑
1575年 (63歳)
越中国への出陣中、敵将織田信長への内通の嫌疑をかけられ切腹。
死没 1575年12月5日(天正3年11月22日) (享年63歳)
レクイエム 柿崎隊は戦では常に先陣を任じられ、黒備えの最強軍団として上杉軍団の中でも最強をほこった。