人物
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
TOP > 人物 
→人物関連表
(主要な武将の簡単な相関表です)
赤井直正 悪右衛門と呼ばれた丹波の赤鬼
赤座直保 関ヶ原での寝返りが認知されなかった
明石全登 宇喜多秀家の右腕
赤松政範 上月城で織田家に抗戦した西播磨殿
赤松政秀 本家や小寺家と対立した龍野赤松家の当主
赤松義祐 室町幕府四職の銘家の末裔
秋田実季 内紛に耐えた安東愛季の二男
秋月種実 大友家に対する徹底した反抗
秋山信友 岩村城を攻略し信長の叔母を正室とした
明智秀満 琵琶湖渡りで有名な明智左馬助
明智光秀 有職故事に明るかった、信長を倒した男
浅井亮政 守護家をしのいで北近江に君臨した
浅井長政 朝倉への義を選択し信長から離反した北近江の領主
浅井久政 織田からきた嫁「市」を嫌った舅
朝比奈泰朝 衰退した今川家に尽くした忠臣
朝倉景鏡 主家を裏切り自害に追い込んだ朝倉一門衆
朝倉宗滴 朝倉三代に仕え繁栄を支えた
朝倉義景 腰の重い越前の大名
旭姫 政治のために離婚させられた天下人の妹
浅野長政 秀吉の相婿で内匠頭の先祖
浅野幸長 三成嫌いの武断派で浅野長政の子
足利茶々丸 弟を殺害し第二代堀越公方の座を奪った
足利晴氏 北条氏康と敵対した古河公方
足利義明 鶴岡八幡宮別当から小弓公方となった
足利義昭(義秋) 信長に担がれた最後の室町将軍
足利義氏 小田原城生まれの第五代古河公方
足利義輝 松永弾正に暗殺された13代将軍
足利義晴 近江桑実寺に幕府を移した12代将軍
足利義栄 京都に入れなかった14代将軍
蘆名盛氏 酒毒で嫡男を失った16代当主
蘆名盛隆 名門、蘆名家を継いだ二階堂家の嫡男
蘆名義広 蘆名家を継いだ佐竹義宣の弟
阿蘇惟豊 阿蘇家の最盛期をもたらした大宮司
安宅冬康 松永弾正の讒言により兄から自害を命じられた
阿茶局 家康が最も信頼した側室
阿閉貞征 湖北の堅城、山本山城主
穴山梅雪 武田を見限った勝頼の従兄
姉小路頼綱 秀吉に滅ぼされた最後の飛騨国司
甘糟景継 2万石を拝領し白石城主を務めた
甘粕景持 川中島の殿軍として活躍した四天王のひとり
尼子勝久 再興の誓いも夢と消えた
尼子国久 尼子家随一の武闘派、新宮党棟梁
尼子晴久 中国8ヶ国の守護大名にのしあがった
天野景貫 今川、徳川、武田、北条に仕えた犬居城主
天野康景 甲賀忍者を統率した三河三奉行のひとり
甘利虎泰 上田原で戦死した武田家の宿老
荒木村重 信長を裏切った、摂津方面軍司令官
有馬豊氏 茶人としても知られた久留米藩主
有馬晴信 天正遣欧使節を派遣したキリシタン大名
安国寺恵瓊 毛利の運命を左右させた大名並の使僧
安東愛季 北斗七星に喩えられた羽後の大名
安藤守就 半兵衛の舅で西美濃三人衆のひとり
井伊直虎 女地頭と呼ばれた井伊谷の女領主
井伊直政 常に先鋒として活躍した、徳川四天王のひとり
池田恒興 小牧・長久手の戦で戦死した信長の乳兄弟
池田輝政 西国最大の大名になった豊臣七将のひとり
池田元助 小牧・長久手で戦死した岐阜城主
生駒親正 讃岐一国を拝領した豊臣三中老
石川数正 秀吉のもとへ走った家康の筆頭家老
石川高信 南部家から入って津軽方面を支配した智将
石田正澄 堺町奉行などを務めた三成の実兄
石田三成 傲慢な性格が仇になった、秀吉が最も信頼した男
伊集院忠棟 手討ちとなった島津家筆頭家老
磯野員昌 浅井家の先鋒を任された佐和山城主
板垣信方 板垣退助の先祖で信玄の名傅役
板倉勝重 家康に信頼された僧上がりの名奉行
板部岡江雪斎 外交に長けた北条家の名奉行
伊丹親興 荒木村重に攻められ自害した
一条兼定 関白の養子。最後の土佐一条氏
一色義定 謀反を疑われ誅された丹後守護
一色義道 信長と対立した丹後の名族
伊東義祐 日向四十八城の主
稲葉一鉄 頑固一徹の語源となった西美濃三人衆のひとり
猪苗代盛国 嫡子を追い出し伊達家に寝返った
今井宗久 信長に茶道を教えた堺の商人
今川氏真 名門今川家最後の当主
今川氏親 叔父早雲の助力で2国の守護となった
今川氏輝 若くして急死した今川家10代当主
今川義元 意表をつかれた東海一の弓取り
五郎八姫 徳川忠輝に嫁いだ伊達政宗の愛娘
岩城常隆 母が佐竹家の岩城家当主
上杉顕定 40年以上つとめた関東管領職
上杉景勝 謙信の養子は寡黙な武将
上杉景虎 御館の乱で敗れた北条家出身の謙信後継候補
上杉謙信 乞われて関東管領となった毘沙門天の化身
上杉定正 太田道灌を謀殺した扇谷家当主
上杉朝興 北条家との抗争に明け暮れた扇谷上杉当主
上杉朝定 河越夜戦で討ち死にした扇谷上杉家最後の当主
上杉憲政 謙信に関東管領職を譲った山内上杉家当主
上田朝直 三増峠の奮戦により松山城主に返り咲いた
宇喜多直家 道三や松永弾正と並ぶ悪人と評された
宇喜多秀家 秀吉寵愛の前半生と、流刑地での後半生
宇佐美定満 謙信に従い政景と対立した
氏家ト全 伊勢長島攻めで散った西美濃三人衆のひとり
臼杵鑑速 外交を取り仕切った大友三老のひとり
宇都宮国綱 養嗣子受け入れを拒み家を失った
鵜殿長照 息子二人が人質交換要員となった
浦上宗景 兄から離反し三ヶ国を支配するまでに成った
江戸重通 鹿島郡を平定した常陸の謀将
お市の方 戦国に弄ばれた絶世の美女
黄梅院 同盟破棄により離縁された北条氏政の正室
於江与の方 3人の武将に嫁いだお市の方の末娘
大石定久 北条家の臣下となった武蔵守護代
大内定綱 田村家、伊達家、蘆名家と主君を替えた戦上手
大内義興 管領代と7ヶ国の守護職を任された
大内義隆 公家文化に精通した西国の大大名
大内義長 大内家最後の当主となった、大友宗麟の弟
大久保忠隣 秀忠の将軍就任に尽力した
大久保忠世 家康に小田原城主を任せられた
大久保長安 金山や銀山開発に才のあった天下の名奉行
大久保彦左衛門 三河物語を残した忠世の末弟
大蔵卿局 大坂城奥を取り仕切った淀殿の乳母
大崎義隆 伊達家と敵対した奥州探題の末裔
太田氏資 三船山の戦で殿軍を務めて戦死した
太田道灌 築城の名手だった扇谷上杉家の名家宰
太田資正 曽祖父道灌に劣らぬ名将と謳われた
太田康資 北条家に仕えた太田道灌の曾孫
大谷吉継 武断派・官吏派の両方から信頼されていた、秀吉の奉行
大谷吉治 実弟説もある大谷刑部の嫡子
大友宗麟(義鎮) ザビエルを厚遇したキリシタン大名
大友義鑑 二階崩れの変で生涯を終えた宗麟の父
大友義統 宗麟のあとを継いだ22代目当主
大野治長 秀頼の最後の側近で和平派
大政所 関白、豊臣秀吉の生母
大村純忠 南蛮貿易を推進したキリシタン大名
大森藤頼 早雲の謀略で小田原城を奪われた
小笠原長時 信玄に滅ぼされた信濃守護
岡部元信 尾張より東側でその名を知らぬ者無し
小川祐忠 東軍に寝返ったが改易となった
お船の方 ↓ 兼続を支えた直江家の才女
奥平信昌 長篠城を守り通して信の字を拝領した
奥村永福 加賀前田家を支えた助右衛門
於大の方 家康と離れ離れとなった生母
小田氏治 常陸筑波の名家、最後の当主
織田有楽斎 有楽町に名を残す信長の末弟
織田信雄 北畠家の後を継いだ信長の二男
織田信包 伊勢長野家を継いだ信長の弟
織田信孝 伊勢神戸家を継いだ信長の三男
織田信忠 本能寺の変で父とともに逝った
織田信長 天下布武を目標に突き進んだ天才武将
織田信秀 清洲三奉行のひとりで信長の父
織田信安 我が子に岩倉城を追い出された上四郡の守護代
織田信行 兄信長に暗殺された2つ下の弟
織田秀信 信長の嫡孫、三法師
おつやの方 女城主となった信長の叔母
鬼庭左月斎 人取橋で壮絶な最期を遂げた伊達の勇将
小野寺義道 上杉家に呼応したため改易された仙北大将
小畠虎盛 参陣数36度、武田の先鋒、鬼虎
小幡信貞 武田、織田、北条に仕えた上野の国人
飯富虎昌 義信の傅役を努めた武田家の宿老
小山秀綱 400年の名家、小山家最後の当主
小山田信茂 武田家を最後に裏切った信玄の外交官
快川紹喜 恵林寺で焼き討ちとなった高僧
香川之景 長宗我部家の軍門に降った西讃岐の名族
柿崎景家 泣く子も黙った上杉軍団最強の武将
葛西晴信 陸奥葛西七郡を領した
笠原清繁 信玄に滅ぼされた志賀城主
勧修寺晴豊 信長、秀吉との関係が深かった武家伝奏
春日局 将軍家光の乳母として台頭した光秀の家老の娘
春日信達 北条家への内通が露見し誅された海津城代
片桐且元 徳川・豊臣の争いに巻き込まれた
片倉小十郎 政宗の片目代わりをつとめた
桂元澄 陶晴賢を厳島におびき寄せた毛利の忠臣
加藤清正 陣中で虎を退治した、秀吉子飼の武断派
加藤貞泰 西軍から東軍へ寝返った美濃黒野城主
加藤光泰 武田家なきあとの甲府24万石を得た
加藤嘉明 松山の礎を築いた賤ヶ岳七本槍のひとり
金森長近 信長、秀吉、家康に仕えた飛騨守
狩野永徳 公家や天下人に仕えたもっとも著名な絵師
蒲池鑑盛 義心鉄の如しと言われた筑後の大名
蒲池鎮漣 義父、龍造寺隆信に謀殺された
神屋宗湛 筑紫の坊主と呼ばれ親しまれた
蒲生氏郷 東国の目付け役を託された勇将
蒲生賢秀 本能寺の変の際の安土の留守居
蒲生郷舎 蒲生家から出奔し石田三成の重臣となった
蒲生秀行 蒲生騒動により大封を失った会津領主
河尻秀隆 信長から甲斐に22万石を拝領した男
河田長親 上洛した謙信に側近として取り立てられた
神戸具盛 信長の三男を養子に押し付けられた
菊亭晴季 秀吉の関白就任に一役買った右大臣
城井鎮房 黒田長政に誅殺された豊後城井谷領主
菊姫 上杉景勝に嫁いだ信玄の娘
岐秀元伯 信玄に学問や法名を与えた禅僧
木曾義昌 勝頼を見限った木曽谷の領主
北川殿 早雲の姉で駿河今川義忠の正室
北条高広 御館の乱で景虎に味方した
北信愛 花巻城を守り切った南部家の名家老
北畠具教 信長に家を乗っ取られた伊勢国司
吉川経家 賞賛された鳥取城での壮絶な自害
吉川広家 関ヶ原で動かず毛利軍を参戦させなかった
吉川元長 出陣中の日向で病死した吉川元春の嫡男
吉川元春 両川のひとりとして毛利をささえた、元就の二男
木下家定 姫路城主も務めた秀吉正室おねの兄
木下延俊 豊後日出初代藩主となった北政所の甥
木村吉清 奥州仕置後、大崎・葛西30万石を領した
肝付兼続 大隈を支配し島津家と敵対した
肝付良兼 劣勢挽回の途上病に倒れた大隅の大名
京極高次 籠城して西軍を引き付けた近江源氏
京極高知 兄に続き大名となり伊奈侍従と呼ばれた
京極竜子 淀殿と秀吉の寵愛を競った名門出
教如 信長に最後まで抵抗した
九鬼嘉隆 信長に頼られ家康に恐れられた水軍大将
朽木元綱 信長の退却を助けた湖西の領主
九戸政実 南部本家をしのぐ勢力を誇った名将
熊谷信直 娘を吉川元春に嫁がせた、元安芸武田家家臣
隈部親永 龍造寺家と結んで北肥後三郡を支配した
来島通総 早くから秀吉につき大名となった村上水軍の一将
黒川晴氏 伊達家から離反した智将、月舟斎
黒田官兵衛 秀吉にその軍才を警戒されたほどの名軍師
黒田長政 西軍調略に奔走した如水の嫡子
桑山重晴 秀吉の弟、小一郎秀長の名家老
桂林院 夫、勝頼とともに天目山に散った北条の姫
顕如 信長に徹底抗戦した、本願寺住職
高坂昌信 弾正を名乗った信玄、勝頼、二代の重臣
高台院(ねね) 太閤秀吉の恋女房
河野通直 人望厚かった河野家最後の当主
高力清長 仏高力の異名をとる岡崎三奉行の一人
木造具政 実兄を裏切り信長に寝返った
小寺政職 黒田官兵衛が仕えていた御着城主
後藤又兵衛 元黒田家の猛将で大坂城五人衆のひとり
小西行長 薬商人から出世したキリシタン大名
小西隆佐 堺の商人から堺奉行となった
近衛前久 謙信や信長に接近した摂関家公卿
小早川隆景 両川のひとりとして毛利をささえた、元就の三男
小早川秀秋 天下を決め、死を早めた、松尾山からの裏切り
駒井高白斎 甲州法度を草案した信玄のブレーン
小松姫 真田家に嫁いだ本多忠勝の娘
駒姫 秀次事件の犠牲となった最上義光の愛娘
金地院崇伝 臨済宗の最高位から家康参謀となった
雑賀孫市 鉄砲傭兵を率いた雑賀党の猛将
西郷局 二代将軍秀忠の生母、お愛の方
西笑承兌 秀吉や家康に外交僧として重用された
斎藤龍興 美濃のまむし道三の孫
斎藤道三 謀略を繰り返して成り上がった美濃の蝮
斎藤利三 春日局の父で光秀の家老
斎藤義龍 父道三を憎み続けた大男
酒井忠次 長篠の戦の奇襲が信長に絶賛された
榊原康政 秀吉を名指しで罵倒した家康の陪臣
坂崎直盛 宇喜多騒動と千姫事件の主役
相良武任 陶隆房と対立し失脚した大内家の文治派
相良頼房 東軍に寝返り人吉藩主となった
佐久間信盛 不手際の多かった、信長の傅役
佐久間盛政 賤ヶ岳の戦での深追いが命取りになった
佐々成政 秀吉に抵抗した越中富山城主
佐竹義重 坂東太郎と恐れられた常陸の雄
佐竹義宣 豊臣六大将のひとり、常陸の雄
里見義堯 北条家に反抗し房総に名を馳せた
里見義弘 里見家の最盛期をもたらした
里村紹巴 光秀の愛宕百韻で知られる連歌師
真田信綱 勝頼に従い長篠の野に散った
真田信之 父と弟に決別し家康に従った長男
真田昌輝 信玄から我が両眼と評された真田の二男
真田昌幸 武田家家臣から次々と主家を替え最後は家康に歯向かった
真田幸隆 信玄に従い真田三代の基礎を創った
真田幸村 家康を追い詰め死に花を咲かせた
佐野昌綱 唐沢山城を盾に強豪に幾度も挑んだ
三条の方 信玄に嫁いだ公家の姫
椎名康胤 謙信から離反した越中新川郡の国人
志賀親次 天正の楠木正成と称えられた岡城主
志道広良 長寿を全うした毛利元就の家老兼軍師
篠原長房 弟への諫言がもとで自害した三好家の名家老
柴田勝家 壮絶な最期をとげた鬼の権六
新発田重家 6年間の反乱で上杉景勝を苦しめた
島左近 三成が高禄で召抱えた過ぎたる家老
島井宗室 朝鮮や南蛮との貿易で巨利を得た
島津家久 島津四兄弟の四男で、島津家の軍師
島津貴久 伊作家から本家を継いだ島津の英主
島津忠親 北郷家を嫡男に譲り豊州島津家を相続した
島津豊久 関ヶ原からの退却戦で華と散った
島津義久 島津四兄弟の長男
島津義弘 九州の大半を手に入れた薩摩の猛将。島津四兄弟の二男
清水宗治 水城と化した高松城で抵抗を続けた
清水康英 伊豆州筆頭として活躍した北条家家臣
下間頼照 越前へ派遣された一向一揆の指導者
寿桂尼 尼御台と呼ばれた、今川義元の母
常高院 浅井長政とお市の方の次女
上条政繁 景勝への不満から出奔を決意した
少弐資元 大内家に攻め滅ぼされた大宰府次官家
白石宗実 数々の戦功をあげた伊達家の重臣
信松尼 織田信忠を待ち続けた信玄の五女
神保長職 富山城を築いた越中の守護代
陶晴賢 厳島で散った周防の守護代
諏訪御料人 信玄に嫁ぎ勝頼を生んだ諏訪の姫
諏訪頼重 信玄に滅ぼされた諏訪大社の大祝
仙石秀久 九州攻めの汚名を小田原攻めですすいだ
仙洞院 上田長尾家へ嫁いだ謙信の姉、景勝の母
千利休 表千家、裏千家の基を築いた、大茶頭
千姫 7歳で秀頼に嫁いだ徳川家一の姫
相馬盛胤 半世紀に渡り伊具郡を伊達家と争った
相馬義胤 伊達家と長年争った磐城の将
宗義智 朝鮮との関係修復に功があった
十河一存 松永弾正に暗殺された疑いのある鬼十河
十河存保 十河家を継いだ三好長慶の甥
太原雪斎 禅僧から今川家の名軍師となった
大道寺政繁 河越衆の筆頭として北条三代に仕えた
高遠頼継 信玄の謀略に立ち向かった上伊那の領主
高梨政頼 信玄の侵攻で館から追われた
高橋鑑種 宗麟から離反し毛利家に寝返った
高橋紹運 岩屋城に籠って島津家に徹底抗戦した
高山右近 マニラへ追放されたキリシタン大名
高山友照 洗礼名はダリヨ。右近の父、飛騨守
滝川一益 信長の関東方面司令官兼遊撃隊長
滝川雄利 信雄の重臣となり高禄を与えられた
武井夕庵 外交もこなした信長の祐筆
武田勝頼 好戦的な最期の甲斐武田家棟梁
武田信玄 最強騎馬軍団を率いた名武将
武田信繁 武田家を支えた信玄の実弟、典厩信繁
武田信虎 息子信玄に追放された武田の棟梁
武田義統 内乱に悩まされ続けた若狭守護家当主
武田義信 父信玄に反抗した嫡男
武田元繁 毛利家に討たれた安芸武田家の当主
竹中重矩 兄の半兵衛から菩提山城主を譲られた
竹中半兵衛 たった16人で城を奪った智謀の軍師
立花ァ千代 7歳で立花家を継いだ道雪の一人娘
立花道雪 主君を諌め家臣を大切に扱った忠義人
立花宗茂 知略にすぐれ忠義と剛勇鎮西一と称された器量人
伊達成実 伊達家から出奔した名将
伊達輝宗 最期の真相が不明な政宗の父
伊達晴宗 米沢に本拠を移した奥州探題
伊達秀宗 宇和島藩主となった伊達政宗の長庶子
伊達政宗 天下を夢みた東北の雄、独眼竜
田中吉政 山中に隠れていた三成を発見した農民出の大名
田村清顕 一人娘を伊達政宗に嫁がせた
田原紹忍 宗麟の義兄は反キリシタン筆頭
千葉胤富 北条家と結んで謙信や里見家と戦った
茶屋清延 家康に使えたお抱え商人兼細作
長寿院盛淳 70名で関ヶ原に駆けつけた島津の忠臣
長連龍 一族の仇を討った畠山七人衆のひとり
長宗我部元親 四国制圧を夢みた優将
長宗我部盛親 四男ながら家督を継いだ
津軽為信 名城弘前城を築いた津軽の暴れ者
築山御前 武田家内通を疑われ殺された家康の正室
筑紫広門 島津の捕虜となった筑後の国人
津田宗及 天王寺屋会記を残した茶の湯三大宗匠のひとり
津田信澄 大器がゆえに攻め殺された信長の甥
土屋昌続 長篠の戦で戦死した信玄の外交官
筒井順慶 洞ヶ峠を決め込むの語源を作った
寺沢広高 長崎奉行を務めた唐津城主
天童頼澄 最上家に最後まで抗った最上八楯の盟主
天海 家康の信頼篤い黒衣の宰相
藤堂高虎 外様ながら家康に信頼さた築城の名手
遠山景任 信長の叔母を娶った美濃遠山党の惣領
遠山綱景 江戸城を任された北条五宿老のひとり
土岐頼芸 美濃を失った名家の末裔
徳川家康 徳川260年の礎を作った戦国の覇者
徳川秀忠 父、家康の築いた土台を守った2代将軍
徳永寿昌 関ヶ原の論功調査を任された外様大名
徳姫 徳川に嫁いだ信長の愛娘、五徳
戸沢盛安 たった9騎で小田原に参陣した夜叉九郎
戸田氏鉄 家康の近習から10万石の大名となった
土田御前 信長廃嫡を望んだ実母
戸田康光 弾正少弼を名乗った渥美半島の領主
富田一白 秀吉の関東方面外交官
豊臣鶴松 数え3つで早世した秀吉の嫡男
豊臣秀勝 於江与の方の2番目の夫
豊臣秀次 秀吉の後嗣問題に振り回された、殺生関白
豊臣秀長 豊臣政権を陰でささえた名参謀の弟
豊臣秀保 大和中納言と呼ばれた秀次の弟
豊臣秀吉 足軽から関白まで登りつめた苦労人
豊臣秀頼 秀吉の期待を一身に集めた豊家の跡取
鳥居強右衛門 城兵に真実を叫び殺害された長篠の勇士
鳥居元忠 西軍相手に伏見城で徹底抗戦し散った老将
内藤昌豊 真の副将と呼ばれた信玄の部将
直江景綱 与板城主で上杉四天王のひとり
直江兼続 越後上杉家を仕切っていた、大大名並の陪臣
長尾為景 守護家と二度対立した謙信の父
長尾晴景 弟、謙信に家督を譲った越後守護代
長尾政景 小さな湖で死んだ上田長尾家の優将
中川清秀 賤ケ岳の戦で壮烈な最期を遂げた
長坂長閑斎 信玄・勝頼の二代に重用された
長野業正 上州の黄班と呼ばれた箕輪城の猛将
中村一氏 戦のたびに出世した豊臣三中老のひとり
中村一栄 病の兄に代わり関ヶ原で戦った
中村一忠 父に替わって家康の東軍についた
那須資晴 小田原に遅参した那須与一の末裔
長束正家 家康暗殺をしくじった豊臣五奉行
鍋島直茂 龍造寺家にとって代わった実力派
成田長親 三成の水攻めから忍城を守りきった
成田長泰 烏帽子を打ち落とした謙信を恨み弓を引いた
成瀬正成 出世の最年少記録を作った
南部利直 わんこそばのきっかけを作った初代盛岡藩主
南部晴継 父の死後間もなく死去した25代当主
南部晴政 最盛期をもたらした二十四代当主
南部信直 政治力でお家安泰に持ち込んだ
新納忠元 和歌もたしなんだ島津家の忠臣
二階堂盛義 蘆名家当主となった盛隆の実父
仁科信盛 高遠城で壮絶に散った信玄の五男
二本松義継 人質の伊達輝宗とともに射殺された
入田親誠 二階崩れを招いた宗麟の傅役
丹羽長重 123万石から15万石に減封された
丹羽長秀 秀吉に利用された、信長の宿老
沼田万鬼斎 実子を二人も殺害した
濃姫 信長に嫁いだ道三の愛娘
乃美宗勝 小早川水軍の総大将も務めた
羽柴秀勝 秀吉が養子にもらい受けた信長の四男
長谷川秀一 小姓の頃から信長に寵愛された側近
支倉常長 慶長遣欧使節の副使
畠山高政 三好勢との戦に明け暮れた河内守護
畠山義綱 大名支配を復活させた能登の名族
波多野秀治 丹波に覇を成した悲運の八上城主
蜂須賀家政 25万石の大名に出世した小六の嫡男
蜂須賀正勝 秀吉に仕えた川並衆の棟梁
八戸政栄 主家、南部家に忠義を尽くした八戸家当主
蜂屋頼隆 黒母衣衆から敦賀城主へ出世した
服部小平太 桶狭間で義元に一番槍をつけた
服部半蔵 伊賀忍者から徳川十六将のひとりとなった
馬場信春 武田三代に仕えた不死身の戦士
林通勝 30年前の謀反を咎められ追放された宿老
林美作 稲生の戦で信長に討ち取られた
原田直政 本願寺攻めで討ち死にした信長の重臣
原田宗時 対馬で病死した伊達家の宿老
原虎胤 小弓城を落とされ武田家に仕えた鬼美濃
一柳直末 山中城で戦死した秀吉の宿老
日根野弘就 鉄砲除けの兜に名を遺す歴戦の強者
平岡頼勝 東軍への寝返りを主導した小早川秀秋の付家老
平岩親吉 同年で家康の信頼篤かった
平手政秀 信長を諫めて自害した究極の傅役
福島正則 関ケ原では家康の先鋒もつとめた、賤ヶ岳七本槍の筆頭
福原貞俊 毛利家を支えた筆頭重臣
藤沢頼親 信州上伊那、箕輪の領主
藤田信吉 北条、武田、上杉、徳川と主家を変えた
不破光治 前田利家、佐々成正とともに越前府中三人衆と呼ばれた
古田織部 師、利休のあとを継いで秀吉の茶頭を務めた
別所長治 命と引き換えに城中の人々を救った
芳春院 11人の子を産んだ前田利家の正妻
北条氏邦 鉢形城主となった氏康の四男
北条氏忠 下野佐野家を継いだ北条氏康の六男
北条氏綱 関東を覇した早雲の子
北条氏照 秀吉に抗戦し切腹して果てた
北条氏直 秀吉の大軍に攻められた北条家の五代目
北条氏規 秀吉への臣従を主張した外交家
北条氏政 秀吉の強さを知らな過ぎた、北条家の四代目
北条氏康 関東を覇した早雲の孫
北条幻庵 北条五代全てに仕えた早雲の三男
北条早雲 戦国時代の水先案内人
北条綱成 地黄八幡と称され北条家の一門に連なった
保科正俊 武田信玄に降り高遠城主となった
保科正光 武田家滅亡後、徳川家に仕えた
細川ガラシャ 人質になることを拒み壮絶な最期を選択した
細川忠興 ガラシャの夫で利休七哲のひとり
細川晴元 家臣三好家に京を追われた管領
細川幽斎 将軍の落胤説もある歌人部将
堀尾吉晴 猟師から武将に返り咲いた仏の茂助
堀秀政 信長と秀吉に仕えた名人久太郎
本庄繁長 景勝から授けられた武人八幡の称号
本多作佐衛門 一筆啓上火の用心お仙泣かすな馬肥やせ
本多忠勝 怪我ひとつしなかった、徳川四天王のひとり
本多正純 宇都宮釣天井事件で失脚したブレイン
本多正信 武断派と仲の悪かった徳川の千恵袋
本間高統 上杉景勝に攻められた佐渡島領主
前田慶次郎 前田家から出奔した風流人
前田玄以 17年間も所司代を務めた元僧侶
前田利家 豊臣政権の重鎮、加賀大納言
前田利常 兄の養子となり前田家の大封を保った
前田利長 母、芳春院を家康の人質に出して家を守った
前田利政 能登22万石を没収された利家の次男
前野将右衛門 古くから秀吉に仕えた通称「前将」
前波吉継 一向一揆に討たれた越前の守護代
正木時忠 国府台合戦直前に里見家から離反した勝浦城主
増田長盛 東軍への内通も論功漏れした五奉行のひとり
益田藤兼 将軍の偏諱を受けた石見の国人
松井友閑 宮内卿法印に叙された信長の右筆
松平忠輝 伊達政宗の娘五郎八姫を娶った家康の六男
松平忠直 父、秀康を継いだ第2代福井藩主
松平忠吉 実兄秀忠からも信頼されていた家康四男
松平信康 大器ゆえに迫られた若死
松平広忠 若くして暗殺された家康の父
松田憲秀 籠城策を主張した北条家の筆頭家老
松永久秀 三悪事で悪名を轟かせた
松永久通 悪名高い弾正久秀の嫡男
松浦隆信 海外貿易で巨利を得て戦国大名となった
松前慶広 松平と前田から一字ずつ頂き蠣崎氏から改名した
三浦道寸 早雲に攻め滅ぼされ油壺に沈んだ
水野忠政 家康生母、於大の実父
水野信元 信長に疑われ殺害された三河の武将
三淵藤英 弟の幽斎と袂を分かった室町幕臣
三村家親 毛利家と組んで備中を手中にした
宮部継潤 秀吉の信頼篤かった通称「善祥坊」
三好実休 久米田の戦で討ち死にした長慶の次弟
三好笑岩 晩年の消息が不明な河内高屋城主
三好長逸 三好三人衆の筆頭、日向守
三好長慶 圧倒的な軍事力で畿内を制した武将
三好義興 若くして病に倒れた三好長慶の愛息
向井忠勝 最大の安宅船を造船した御船手奉行
村井貞勝 信長に京都所司代を任された長老官吏
村井長頼 髭殿と呼ばれた前田家の重臣
村上武吉 瀬戸内の海賊、村上水軍の総大将
村上義清 川中島の戦の元になった北信の武将
愛姫 京都にあって夫、正宗を支えた田村御前
毛利勝永 夏の陣で豊臣秀頼の介錯を務めた
毛利隆元 毒殺された元就の嫡男
毛利輝元 毛利の教えを守り続けた、元就の孫
毛利秀包 小早川隆景の養子となった元就の九男
毛利秀元 毛利家の代表として関ケ原の戦に参陣した輝元の従弟
毛利元就 謀略で中国を席巻した知将
最上義光 上杉勢をけちらし山形57万石の太守となった
母里太兵衛 名槍を呑みとった黒田官兵衛の重臣
森長可 小牧・長久手で戦死した鬼武蔵
森坊丸 兄と弟とともに本能寺に散った
森可成 その死を信長に非常に惜しまれた攻めの三左
森蘭丸 信長と死をともにした最後の側近
森力丸 ふたりの兄とともに本能寺に散った
諸角昌清 豊後守を名乗った信玄の大叔父
柳生石舟斎(宗厳) 無刀取りで徳川家師範の礎を築いた
矢沢頼綱 矢沢家に養子入りした真田幸隆の実弟
山内一豊 妻千代とともに成った一国一城の主
山内千代 夫を土佐一国の国主に就かしめた才女
山県昌景 向かうところ敵無しと賞賛された小さな猛将
山口教継 信長から離反し今川家に寝返った鳴海城主
山科言継 言継卿記を残したマルチタレント公卿
山田有信 大軍から二度高城を守り抜いた島津の忠臣
山中鹿之介 我に七難八苦を与えたまえと月に祈った
山名祐豊 叔父を継ぎ但馬守護となった築城名人
山名豊国 鳥取城から追い出された名門の末裔
山本勘助 甲斐にやってきた天才軍師
結城晴朝 小山家から入って家督を相続した
結城秀康 関ケ原の直前上杉・佐竹の抑えを果たした
結城政勝 分国法、結城氏新法度を制定した
遊佐続光 上杉派として家中に君臨した畠山七人衆のひとり
遊佐長教 自城で暗殺された河内半国の守護代
由良成繁 岩松家から金山城を奪った
吉田兼見 吉田卿記を残した吉田神社神主
吉弘鑑理 筑前方面の司令官で大友三老のひとり
吉見正頼 毛利家とともに陶隆房に敵対した津和野領主
依田信蕃 二俣城や田中城の籠城で名をはせた勇将
淀殿 戦国が生んだ気高き側室
義姫 敵である伊達家に嫁いで政宗を生んだ
横田高松 戸石崩れで戦死した武田の功臣
龍造寺隆信 肥前の熊と呼ばれ、謀略に溺れた
龍造寺政家 肥前の熊の嫡男
ルイス・フロイス 信長と深く親交したポルトガル宣教師
留守政景 名族を継いだ伊達政宗の叔父
六角定頼 優れた外交手腕を発揮した近江源氏
六角承禎 信長にいとも簡単に滅ぼされた
和賀忠親 口封じのため政宗に暗殺されたと言われる
脇坂安治 淡路水軍を任された七本槍のひとり
和田惟政 信長にフロイスを紹介した幕臣
渡辺守綱 槍半蔵と呼ばれた徳川家譜代の雄

トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール

この頁のトップへ