母が佐竹家の岩城家当主
岩城常隆いわき つねたか
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1567年(永禄10年)
生誕地  
岩城親隆
佐竹義昭の娘
岩城常隆
官名 従四位下、左京大夫
近親など 正妻:岩城御前(二階堂盛義の娘)
子:岩城政隆、伊達政隆など
養子:岩城貞隆(佐竹義重の子)
ゆかりの地  陸奥国磐城 飯野平城
略歴
●岩城家
1567年 1歳 陸奥国磐城飯野平城主で、常陸平氏である岩城親隆の子として生まれる
●家督相続
1578年 12歳 父、岩城親隆が病気で倒れると家督を相続
その後も、従来通り常陸国の佐竹家に従いつつ、同年の従兄弟、伊達政宗にも一時接近
●伊達家との対立
1579年 13歳 伊達政宗が、敵対してきた田村家から正妻を迎えたことから、伊達家と敵対関係に
1585年 19歳 人取橋の戦に佐竹家に従い参陣、家臣、窪田十郎が伊達家の重臣、鬼庭左月斎を討つなど貢献
戦後、伊達政宗と和睦
1590年 24歳 小田原城攻めに参陣したことから、戦後は領土を安堵される
その後発病し、相模国鎌倉にて病没
死没 1590年8月21日(天正18年7月22日) (享年24歳)
レクイエム 死後、家督は嫡男の政隆ではなく、養子となった佐竹義重の子(岩城貞隆)が継いだ。

病死した際、正室(後に伊達家に嫁ぎ岩城御前と呼ばれる)は妊娠しており、そのときの子は後に伊達政宗から厚遇され伊達政隆となり、岩谷堂伊達家の祖になる。