浅井家の先鋒を任された佐和山城主
磯野員昌いその かずまさ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 ????年(????年)
生誕地 近江国 
父:磯野員宗
 
員昌、秀昌
官名 丹波守
近親など 子:磯野行信、磯野政長など
養子:津田信澄
ゆかりの地  近江国 佐和山城
 近江国 新庄城
略歴
●磯野家
????年 1歳 近江国浅井亮政の家臣で佐和山城主の磯野員宗の子として生まれる
その後、父の死により、叔父の磯野員清が磯野家を相続
その後、家督を相続。(理由不詳)
1559年 ??歳 浅井長政が家督を継ぐと、引き続き浅井家に従う
その後、武勇で頭角を現し、浅井家の先鋒を任されるように
1567年 浅井長政織田信長と同盟
主君浅井長政織田信長の妹、お市の方を正室に迎える
●信長への反旗
1570年 浅井長政織田信長を裏切り朝倉義景に味方(金ヶ崎の退き口
姉川の戦では先鋒として、織田方の坂井政尚、池田恒興木下藤吉郎(豊臣秀吉)柴田勝家の陣を突破するなどの活躍をみせるが敗戦
戦後、織田軍に佐和山城を包囲されるが守り抜く
●降伏
1571年 木下藤吉郎(豊臣秀吉)の誘降を受け、城兵の命と引き換えに佐和山城を明け渡す
その後、浅井長政小谷城へ入ろうとするが、長政に疑いをかけられ入城できず、やむなく織田方に寝返ることに
●高島郡
その後、織田信長から近江国高島郡を与えられ、新庄城を居城に
その後、織田信長の甥、津田信澄を養子に
1573年 小谷城の戦で浅井家が滅亡
3年前に織田信長を狙撃した杉谷善祥坊を捕縛
1575年 越前国一向一揆攻めに従軍
●追放
1578年 織田信長の勘気をこうむり、追放に(その後の消息は不明)
死没 ????年??月??日(????年??月??日) (享年??歳)
レクイエム 織田信長の勘気をこうむった理由は、養子としていた信長の甥、津田信澄に家督を譲るよう命令されたものの、これを拒んだためといわれている。