堺町奉行などを務めた三成の実兄
石田正澄いしだ まさずみ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1556年(弘治2年)
生誕地 近江国 石田
石田正継
瑞岳院(岩田氏)
弥三(幼名)、弥三郎(幼名)、石田重成、一氏、正澄、豊臣正澄
官名 従五位下、木工頭
近親など 弟:石田三成
子:石田朝成、石田主水正
ゆかりの地  近江国 石田
 近江国 佐和山城
略歴
●近江
1556年 1歳 近江国坂田郡の土豪、石田正継の子として生まれる
1560年 5歳 弟、石田三成誕生
●秀吉
1574年 19歳 近江国長浜城主だった羽柴(豊臣)秀吉に、弟、石田三成とともに仕える
1583年 28歳 賤ヶ岳の戦後、父の石田正継が近江国に3万石を拝領し大名に
弟、石田三成は近江水口城主に。(4万石)
1584年 29歳 高島郡の代官に
1585年 30歳 豊臣秀吉が関白に
1586年 31歳 弟、石田三成が堺町奉行に
1587年 32歳 九州攻め
奥州仕置で、検地奉行を務める
弟、石田三成近江国佐和山城主に。(19万4千石)
1592年 37歳 文禄の役(朝鮮出兵)では名護屋へ赴任し、秀吉の茶室を建設
●堺町奉行
1593年 38歳 弟、石田三成が五奉行に
従五位下、木工頭に叙任され、豊臣姓を許され、堺町奉行に
1595年 40歳 秀次事件
1597年 42歳 慶長の役(第二次朝鮮出兵)では伏見城にて、秀吉の奏者を務める
●秀吉の死
1598年 43歳 豊臣秀吉死没
●関ヶ原の戦
1600年 45歳 関ヶ原の戦では西軍につき、父、石田正継とともに佐和山城を守備
西軍が敗戦すると小早川秀秋らに城を攻められ、父、石田正継、子の石田朝成らとともに自害
レクイエム  
死没 1600年10月24日(慶長5年9月18日) (享年45歳)