頑固一徹の語源となった西美濃三人衆のひとり
稲葉一鉄いなば いってつ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1515年(永正12年)
生誕地 美濃国
稲葉通則
国枝正助の娘
六郎、彦六、彦四郎、彦六郎、良通、一鉄、通以、通朝、貞通、長通、三位法印
官名 右京亮、伊予守、法印など
近親など 正室:西三条公条の娘
子:稲葉重通、稲葉貞通など
ゆかりの地  美濃国 曽根城
 美濃国 清水城
略歴
●美濃
1515年 1歳 美濃国の武士、稲葉通則の六男として生まれる
●仏門
その後、幼くして仏門に入る
●西美濃三人衆
1525年 11歳 父、稲葉通則と5人の兄が浅井家に討たれたことから、還俗し家督を相続
その後美濃国守護の土岐家の有力家臣となり、安藤守就氏家ト全とともに西美濃三人衆と呼ばれる
1542年 28歳 美濃国の守護となった斎藤道三に仕える
1556年 42歳 斎藤道三を討った斎藤義龍に仕える
1557年 43歳 加納家を攻め勝利し、その領地を引き継ぐ
1558年頃 44歳 曽根城を築城し、居城に
1561年 47歳 斎藤義龍が病死。斎藤龍興が斎藤家当主に
1564年 50歳 竹中半兵衛が稲葉山城を一時占拠
●寝返り
1567年 53歳 織田信長の美濃攻めに際し、羽柴(豊臣)秀吉の誘降を受けて織田方に寝返る
稲葉山城攻め
1570年 56歳 姉川の戦で、織田勢の危機を救う大功をたてる
1574年 60歳 伊勢長島の一向一揆攻めで功をたてる
この頃、家督を子の稲葉貞通に譲り、清水城を築城し移る
1575年 61歳 長篠の戦で功をたてる
1580年 66歳 加賀国一向一揆攻めで功をたてる
1582年 68歳 本能寺の変後、信長に追放されていた安藤守就に領地を攻められるが勝利
1583年 69歳 賤ヶ岳の戦では羽柴(豊臣)秀吉方につき功をたてる
1584年 70歳 小牧・長久手の戦で功をたてる
1585年 71歳 従三位法印に
1589年 74歳 死没
死没 1589年1月5日(天正16年11月19日) (享年74歳)
レクイエム 頑固な性格だったらしく、頑固一徹の一徹は、稲葉一鉄が語源だと言われている。

80回もの戦に出て一度も負けなかったほどの勇将であった。