信長が最も信頼した側室
生駒吉乃いこま きつの
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1528年(享禄元年)(?)
生誕地 尾張国
生駒家宗(商人)(生駒親正の叔父)
 
近親など 夫:土田弥平次、織田信長
子:織田信忠織田信雄徳姫(五徳)
生駒類(異説あり)
ゆかりの地  尾張国 生駒屋敷
 尾張国 小牧山城
略歴 ●馬借の娘
1528年 (1歳)
尾張国の大商人(馬借)、生駒家宗の娘として生まれる。

●初婚
後年、土田弥平次に嫁ぐ。

1551年 (24歳)(異説あり)
夫、土田弥平次が美濃国で戦死すると、実家に戻る。

●信長
1556年 (29歳)
清洲城主、織田信長の側室に。

1557年 (30歳)
長男、奇妙丸(織田信忠)を出産。

1558年 (31歳)
次男、茶筅丸(織田信雄)を出産。

●病床
1559年 (32歳)
長女、徳姫を出産。
産後の肥立ちが悪く、病床に。

1563年 (36歳)
織田信長が、居城を小牧山城に移すと、それに伴い小牧に移る。

1566年 (39歳)
死没。
死没 1566年5月31日(永禄9年5月13日) (享年32歳)
レクイエム 生駒屋敷に頻繁に出入りしていた織田信長に見初められて側室となり、長男の織田信忠はじめ3人の母となった。

信長の正室、濃姫には子がなかったから、吉乃が実質的な正妻だったと推定されている。