小牧・長久手の戦で戦死した信長の乳兄弟
池田恒興いけだ つねおき
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1536年(天文5年)
生誕地 尾張国海東郡?
池田恒利
養徳院(織田信長の乳母)
勝三郎、信輝、恒興、勝入斎、勝入(出家名)
官名 紀伊守
近親など 正妻:善応院(荒尾善次の娘)
子:池田元助池田輝政、池田長吉、池田長政など
ゆかりの地  尾張国 犬山城
 美濃国 大垣城
略歴
●織田家臣
1536年 1歳 織田家家臣、池田恒利の子として生まれる
●信長の乳兄弟
その後、 母が織田信長の乳母だったことから、織田家に随身
1557年 22歳 信長の命により、信長の弟織田信行殺害に加担
1560年 25歳 桶狭間の戦に参陣
1570年 35歳 越前国朝倉義景攻めに参陣
姉川の戦に参陣
●犬山城主
これらの功により、犬山城主となる(1万貫)
1573年 38歳 槙島の戦に参陣
その後、尾張国を任された信長の嫡男、織田信忠の組下となる
1578年 43歳 荒木村重が謀反した際、花隈城を攻め落とす
1579年 44歳 荒木村重有岡城攻めの功から、摂津国内に村重の旧領(一部?)を拝領
1580年 45歳 入道し、勝入斎と名乗る
1582年 47歳 本能寺の変
●秀吉への随身
明智光秀討伐に戻ってきた(中国大返し羽柴秀吉に従い、山崎の戦で貢献
清洲会議に参加し羽柴秀吉を支持。これにより、摂津国大坂、尼崎、兵庫など12万石を拝領
1583年 48歳 賤ヶ岳の戦には参陣せず
●大垣城主
戦後、美濃国大垣城主に転封。(13万石) また、嫡男の池田元助を岐阜城主とする
1584年 49歳 小牧・長久手の戦では、織田信雄の属城犬山城を攻略
その後徳川家康の本拠岡崎への中入りの途上、岩崎城攻撃に手間取ったこともあり、追撃してきた井伊直政ら徳川勢の鉄砲隊によって、長男の池田元助とともに討たれる
死没 1584年5月18日(天正12年4月9日) (享年49歳)
レクイエム 羽柴秀吉に味方したたことから、清洲会議では柴田勝家丹羽長秀羽柴秀吉の次に来るナンバー4として参加した。

秀吉は、恒興を抱き込んだことで、どちらかといえば中立的な態度だった丹羽長秀も味方に引き入れることに成功した。

当主と嫡男が戦死したことから、次男の池田輝政が家督を継ぐことになった。