西国最大の大名になった豊臣七将のひとり
池田輝政いけだ てるまさ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1564年1月31日(永禄7年12月29日)
生誕地 尾張国 清洲
池田恒興
荒尾善次の娘
古新(幼名)、三左衛門、池田照政、羽柴三左衛門、吉田侍従、姫路宰相、松平播磨宰相など
官名 武蔵守、従四位下、侍従、少将、参議
近親など 正室:中川清秀の娘、のちに督姫(徳川家康の娘)
兄:池田元助
弟:池田長吉
子:池田利隆、池田忠継、池田忠長など
ゆかりの地  美濃国 大垣城
 美濃国 岐阜城
 三河国 吉田城
 播磨国 姫路城
略歴
●信長への随身
1564年 1歳 織田信長の家臣、池田恒興の子として生まれる
その後、父同様に織田信長に仕える
1578年 15歳 信長の部将荒木村重が謀反した際の花隈城攻めで、兄の池田元助とともに貢献し信長から感状を受ける
1582年 19歳 武田勝頼攻め(天目山の戦)に従軍し、功をたてる
●家督相続
1584年 21歳 小牧・長久手の戦羽柴(豊臣)秀吉方についた父、池田恒興と、兄で嫡男の池田元助が戦死したことから、家督を相続
美濃国大垣城主(10万石)に
●岐阜城主
1585年 22歳 美濃国岐阜城を居城に
羽柴(豊臣)秀吉の紀州攻めに参陣
羽柴(豊臣)秀吉越中国佐々成政攻めに参
1586年 23歳  天正大地震大垣城が全壊
1587年 24歳 豊臣秀吉の九州の島津攻めに参陣
1590年 27歳 豊臣秀吉小田原城攻めに参陣
●吉田城主
その後三河国吉田城主(15万石)に
1594年 31歳 豊臣秀吉の命で、督姫(徳川家康の娘)と結婚
1599年 36歳 前田利家死後、福島正則,、加藤清正らと石田三成暗殺を計画するが、徳川家康に一喝され断念
1600年 37歳 徳川家康に従い、会津上杉景勝征伐に参陣
三成挙兵に対して、東軍(家康方)につく
西軍の岐阜城を攻略
関ヶ原の戦では南宮山の毛利秀元らを牽制するなど貢献
●播磨
これらの功績により、播磨国52万石を拝領
子の忠継が備前国31万石を、忠長が淡路国6万石を拝領し、池田家は西国最大の大名家となる
姫路城を大幅に改修
1613年 50歳 病死
死没 1613年3月16日(慶長18年1月25日) (享年50歳)
レクイエム 豊臣秀吉の家中にありながら徳川家康の娘婿となったことから、大大名となった。

大大名となってからも倹約につとめ、その分有能な家臣を召抱えるための費用にあてたとされる。