信長から摂津支配を委ねられた
池田勝正いけだ かつまさ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1539年(天文8年)
生誕地 摂津国 池田
池田正尚
 
幼名  
池田八郎三郎勝正
官名 筑後守、民部大輔
近親など  
ゆかりの地  摂津国 池田城
 摂津国 原田城
略歴 1539年 (1歳)
摂津国の池田一族、池田正尚の子として生まれる。

●摂津池田家相続
1563年 (25歳)
三好長慶家臣で、池田家当主、池田長正が死没すると、池田家の家督を継ぎ、池田城に。

ただし、池田長正には嫡子、池田知正もいたため、家督をめぐるお家騒動が起こる。

1564年 (26歳)
主君、三好長慶の死没後は、三好三人衆と結んで、敵対し始めた松永久秀と対立。

●摂津守護
1568年 (30歳)
上洛してきた織田信長に、三好勢とともに抵抗するが敗北して降伏。(信長の上洛戦)

織田信長から、その能力を買われ、伊丹親興和田惟政とともに、摂津国の三守護のひとり(筆頭格)に任命され、6万石を拝領。

1569年 (31歳)
足利義昭が三好三人衆らに襲われるが、明智光秀細川藤孝(幽斎)らとともに戦い勝利。(本國寺の変

1570年 (32歳)
織田信長に従い越前国朝倉義景攻めに向かうが、浅井長政の裏切りにあい、金ヶ崎の退き口では、羽柴(豊臣)秀吉とともに殿軍(しんがり)をつとめる。

●池田城からの追放
織田信長に臣従しない荒木村重に、一族の池田知正が味方する。

荒木村重や池田知正から池田城を追われる。

●原田城
織田信長から原田城主に任され、三好勢や荒木村重に対するとともに、織田信長に従い各地を転戦。

1573年 (35歳)
荒木村重織田信長に臣従。

1574年 (36歳)
荒木村重摂津国を任されると、その配下に。

1578年 (40歳)
荒木村重織田信長に謀反を起こすと、隠居。

????年 (??歳)
死没。
死没 ????年?月 享年??歳
レクイエム 池田長正の実子だっという説もある。

1573年に荒木村重織田信長に屈した際、信長を見限って、信長に敵対していた将軍足利義昭方に寝返ったという説もある。

また、その際荒木村重から高野山へ追放されたとの説もある。