父を討たれても宗麟に仕え通した
一萬田鑑実いちまだ あきざね
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 ????年(????年)
生誕地 豊後国
一萬田鑑相(親実)
 
幼名 次郎
一萬田鑑実、橋爪鑑実、橋爪鑑述、宗慶
官名 兵部大夫、美濃守
近親など 子:一萬田鎮実、一萬田統賢
叔父:高橋鑑種、宗像鑑久
ゆかりの地  豊後国 小牟礼城
 豊後国 一萬田館
略歴 ●一萬田氏
????年 (1歳)
豊後国の大名、大友義鑑の家臣で小牟礼城主、一萬田鑑相の子として生まれる。

その後、父に従い大友義鑑に仕える。

1550年 (?歳)
二階崩れの変大友義鑑が死没、大友義鎮(宗麟)が当主に。

菊池義武攻めに従軍。

●父の謀反と家督
1553年 (?歳)
父、一萬田鑑相や叔父の宗像鑑久が謀反の疑い(大内氏への内通)を受け、主君大友義鎮(宗麟)に誅殺される。

これにより家督を相続し、そのまま大友義鎮(宗麟)に仕える。

1557年 (??歳)
謀反を起こした筑前国、古処山城主、秋月文種攻めで貢献。

●橋爪氏
その後、家督を子の一萬田鎮実に譲り、橋爪氏の名跡を継ぐ。

1567年 (??歳)
大友義鑑から筑前国守護代を任されていた叔父、高橋鑑種が、毛利元就の調略により謀反すると、吉弘鑑理らとともに平定へ赴く。

1569年 (??歳)
北九州における毛利氏との戦い(立花城の戦)に従軍、多々良浜の戦などで貢献。

1573年 (??歳)
平時の住居である一萬田館に咲く珍種、黒染めの桜の花見会に、主君大友宗麟が来訪。

●大友氏の没落
1578年 (??歳)
島津義久との戦(耳川の戦)にも従軍し、殿軍を務めるが大敗。

大友宗麟の加伴衆に。

1580年 (??歳)
田北紹鉄が謀反を起こすと、その平定に赴く。(熊牟礼の乱)

●島津氏の進攻
1586年 (??歳)
島津氏の九州平定戦が始まっても大友宗麟の側近としてに留まる。

1588年 (??歳)
突然大友宗麟から死を命じられ、子の一萬田鎮実とともに自害。(理由は鎮実が島津氏へ寝返ったため)
死没 1588年(天正16年) (享年??歳)
レクイエム 父、一萬田鑑相が誅された理由は、大友宗麟が鑑相の妻を寝取るためだった、という説もある。