秀吉への臣従を主張した外交家
北条氏規ほうじょう うじのり
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1545年(天文14年)
生誕地 相模国
北条氏康
瑞渓院(今川氏親の娘)
幼名 助五郎
 
官名 美濃守
近親など 正室:北条綱成の娘
兄:北条氏政北条氏照など
弟:北条(藤田)氏邦、北条氏秀(上杉景虎)など
妹:桂林院(北条夫人・武田勝頼の継室)など
養子:北条氏盛など
ゆかりの地  相模国 小田原城
 上野国 館林城
 伊豆国 韮山城
 河内国 狭山城(狭山陣屋)
略歴 ●北条家
1545年 (1歳)
関東の覇者北条氏康の五男として生まれる。

●人質生活
幼少時から、駿河国今川家の人質として過ごす。

この頃三河国からの人質、松平元信(徳川家康)と知り合う。

1559年 (15歳)
北条氏政が北条家の家督を継ぐ。

1568年 (24歳)
駿府攻めの結果、武田信玄駿河国を支配。

1569年 (25歳)
関係の悪化した武田信玄への抑えのため、伊豆国韮山城主に。

1571年 (26歳)
北条氏康死去。

●武田との同盟
北条家が上杉謙信との同盟を破棄し武田信玄と結ぶ。

●武田との決別
1578年 (33歳)
上杉謙信の死により、上杉家では後継者争い(御館の乱)が起こる。

兄の北条氏政は、上杉家の養子になっていた実弟、上杉景虎を援助するため、同盟者である武田勝頼に援軍を要請。

しかし勝頼は上杉家を北条家の血筋の者が継ぐと武田家の地位が下がることを恐れたことなどから景勝と和睦、これにより景虎は孤立し敗北、自害。

これを受けて、北条家は武田家との同盟を破棄。

1580年 (35歳)
兄の北条氏政が、子の北条氏直に家督を譲る。

1582年 (38歳)
織田信長の武田攻め(天目山の戦)の際は、駿河国へ攻め入り河東(富士川以東)を平定。

織田信長本能寺の変で自害。

●外交手腕
天正壬午の乱では、徳川家康との講和を取り仕切る。
その結果、甲斐国信濃国は徳川領、上野国は北条領となった。

これにより、北条家は、相模国伊豆国武蔵国下野国上野国下総国、合計240万石の領主に。

1586年 (42歳)
上野国館林城に入り、周辺を支配。

●豊臣との交渉役
1588年 (44歳)
関白豊臣秀吉からの上洛命令に対し、北条家の代表として上洛、交渉を行う。

1590年 (46歳)
秀吉への臣従を主張するが受け入れられず、北条家と豊臣秀吉との交渉が決裂。

豊臣秀吉の22万人の大軍に対し、伊豆国韮山城で3600の寡兵で抵抗する(小田原城攻め)が、3ヶ月後に徳川家康の説得により開城。

その後、家康の勧めを受けて、兄北条氏政と、当主北条氏直に降伏を勧める。

●蟄居
戦後は、北条氏直に従い、高野山へ蟄居。

●河内国
1591年 (47歳)
許されて、河内国丹南に2千石を拝領。

その後河内国狭山城主に。(7千石)

1600年 (56歳)
死没。
レクイエム  
死没 1590年(天正18年)7月 (享年51歳)