桶狭間で義元に一番槍をつけた
服部小平太はっとり こへいた
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 ????年
生誕地 尾張国、津島(詳細不明)
 
 
幼名  
服部春安、服部忠次、服部一忠
官名 従五位下、采女正
近親など 子:滝川一時など
ゆかりの地  尾張国 桶狭間の戦場
 伊勢国 松坂城
略歴 ●信長への随身
天文年間に織田信長に仕え、馬廻組に入る。

1560年 (??歳)
桶狭間の戦で、今川義元に一番槍をつける大功をたてる。

●秀吉への随身
1582年 (??歳)
本能寺の変織田信長が討たれる。

その後は羽柴(豊臣)秀吉に仕え、黄母衣衆に。

1584年 (??歳)
小牧・長久手の戦に参陣。

1590年 (??歳)
小田原城攻めに参陣。

●松阪城主
1591年 (??歳)
伊勢国一志郡3万5千石を拝領し松坂城主となり、豊臣秀次の配下に。

1592年 (??歳)
文禄の役では渡海。

●連座
1595年 (??歳)
秀次事件に連座し失脚、上杉景勝に預けられた後、切腹。
レクイエム  
死没 1595年(文禄4年)7月 (享年??歳)