丹波に覇を成した悲運の八上城主
波多野秀治はたの ひではる
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1529年(亨録2年)
生誕地  
実父:波多野晴通
義父:波多野元秀
 
幼名 千熊丸
 
官名 侍従、左衛門大夫など
近親など 娘婿:別所長治
弟:波多野秀尚など
ゆかりの地  丹波国 八上城
略歴 ●波多野家
1529年 (1歳)
丹波国の大名で八上城主、波多野晴通の子として生まれる。

その後、叔父、波多野元秀の養子に。(異説あり)

●流浪
1557年 (29歳)
三好長慶の重臣、松永久秀に八上城が攻略されたことから、流浪生活を送る。

1560年 (32歳)
正親町天皇の即位式費用を献納したことから、侍従に叙される。

●独立
1564年 (36歳)
敵対してきた三好長慶が死去。

1565年 (37歳)
八上城を奪回して独立大名となり、丹波国の最有力者に。

播磨国別所長治と同盟。

●信長との対立
1575年 (47歳)
織田信長の中国進出に対し臣従。

その後、突如織田家に反旗をひるがえし、黒井城赤井直正を攻めていた明智光秀に攻めかかり勝利。(黒井城の戦)

1578年 (50歳)
織田家の丹波方面司令官の明智光秀に、八上城を攻められる。(八上城の戦)

1579年 (51歳)
1年半の籠城の末、弟の波多野秀尚とともに降伏、開城。

近江国安土にて処刑。
レクイエム 明智光秀から提示された降伏・開城の条件は、助命と光秀の母を人質に差し出すという破格なものであったが、最終的には織田信長が波多野兄弟を許さず処刑を命じたといわれている。
波多野残党はこれに怒り、光秀の母を磔に処したが、本物であったかどうかは不明とされている。
もしも実母もしくは肉親であったとしたら、この事件が本能寺の変の原因になった可能性も出てくる。
死没 1579年(天正7年)6月 (享年51歳)