大名支配を復活させた能登の名族
畠山義綱はたけやま よしつな
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 ????年(????年)
生誕地  
畠山義続
 
幼名 次郎
畠山義綱、畠山義胤、畠山義綱
官名 修理大夫
近親など 正室:六角義賢の娘
子:畠山義慶、畠山義隆など
ゆかりの地  能登国 七尾城
略歴 ●能登畠山家
????年 (1歳)
能登国守護で七尾城主、畠山義続の子として生まれる。

1551年 (??歳)
能登天文の内乱が起こり、父、畠山義続が隠居、家督を相続。

●弘治の内乱
1555年 (??歳)
能登国を実効支配していた畠山七人衆から実権を奪うため、中心人物である輪島の温井総貞を暗殺。

温井家と親しい三宅家が、一向一揆と組んで反乱を起こす。(弘治の内乱)

1560年 (??歳)
弘治の内乱を平定。

1562年 (??歳)
上杉謙信から攻められた越中国神保長職の依頼を受け、調停に成功。

正親町天皇の勅許により、能登一宮である気多大社を再建。

●永禄九年の政変
1566年 (??歳)
長続連、遊佐続光、八代俊盛らの重臣の反乱により、父、義続とともに能登国から追放され、妻の実家、六角家を頼って近江国へ。(永禄九年の政変)

1568年 (??歳)
六角承禎の支援を受け、さらに上杉謙信と呼応の上能登国奪回のため侵攻するが成功せず。

1594年 (??歳)
近江国余呉にて死没。
死没 1594年2月11日(文禄2年12月21日) (享年74歳)
レクイエム