黒母衣衆から敦賀城主へ出世した
蜂屋頼隆はちや よりたか
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1534年(天文3年)
生誕地 美濃国
 
  
幼名  
通称など 敦賀侍従
官名 兵庫頭、出羽守、従四位下、侍従など
近親など 正妻:丹羽長秀の妹
子:蜂屋直政
ゆかりの地  和泉国 岸和田城
 越前国 敦賀城
略歴 ●美濃
1534年 (1歳)
美濃国賀茂郡蜂屋に生まれる。

その後、土岐家に仕える。

その後、斎藤家に仕える。

●信長への随身
1559年 (26歳)
この頃までに織田信長に仕え、黒母衣衆として活躍。

1568年 (35歳)
信長の上洛戦に従軍。

岩成友通(三好三人衆)の守る勝龍寺城攻めでは、先鋒として貢献。

1569年 (36歳)
大河内城の戦に従軍。

1570年 (37歳)
姉川の戦に従軍。

1573年 (40歳)
越前国朝倉義景攻めに従軍。

近江国浅井長政攻めに従軍。

1574年 (41歳)
第一次長島攻めに従軍。

1577年 (44歳)
雑賀攻めに従軍。鈴木孫一の雑賀城攻めなどで貢献。

1580年 (47歳)
本願寺の顕如と織田家が和睦。

●和泉岸和田
佐久間信盛・佐久間信栄父子が追放されると、その後任として和泉国の支配を任され、岸和田城主に。

その後大坂に移る。

●信長の死
1582年 (49歳)
本能寺の変の際は、四国攻めの総大将、神戸(織田)信孝の副将として岸和田におり、出征準備中だった。

羽柴(豊臣)秀吉に従い、山崎の戦に従軍。

1583年 (50歳)
賤ヶ岳の戦でも羽柴(豊臣)秀吉に従い、岐阜城神戸(織田)信孝を攻めるなど活躍。

1585年 (52歳)
越中国佐々成政攻めに従軍。

●越前敦賀
越前国敦賀を拝領し、敦賀城を築城。(5万石)

1587年 (54歳)
九州攻めに従軍。

その後、侍従を受領し、豊臣秀吉から羽柴姓を与えられ、敦賀侍従と呼ばれる。

1589年 (56歳)
死没。
死没 1589年11月3日(天正17年9月25日) (享年56歳)
レクイエム 子がなかったために、死後蜂屋家は断絶となった。