特集! 風林火山
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール



〜 甲斐武田軍団・その軌跡・ライバル達
甲斐武田軍団

武田信玄
戦国最強と恐れられた武田軍団を率いる武田家当主
甲斐国を拠点に信濃国、駿河国、遠江国と次々に侵攻
天下取りへ向かう途中、無念の病死

武田信虎
信玄の父で武田家中興の祖
その暴虐さから家臣団の不評を買い、信玄に追放される

武田勝頼
信玄の四男。諏訪四郎、または伊奈四郎
信玄が滅ぼした信濃国諏訪家の血をひいている
信玄没後の武田軍団の棟梁となるが、織田信長に敗れ天目山に散る

武田信繁
信玄の同腹弟。名補佐役
典厩信繁
武田二十四将

武田信廉
信玄の同腹弟。出家名は逍遥軒信綱。画才のあった文化人
信玄没後は飯田城代として伊那方面を守備
容貌が酷似していたため信玄の影武者を務めた
武田二十四将

武田義信
信玄の嫡子。太郎
謀反(義信事件)により、切腹(病死説あり)

仁科信盛
信玄の五男。五郎。信濃の名門、仁科氏を継ぐ
信玄没後は、伊那高遠城主となるが、織田信忠に攻められ討ち死に

板垣信方
信玄の傅役
上田原の戦で戦死
武田二十四将

甘利虎泰
板垣信方と並ぶ重臣
上田原の戦で戦死
武田二十四将

横田高松
信虎時代からの功臣
戸石崩れで戦死
武田二十四将 武田五名臣

駒井高白斎
信玄のブレーン
外交、内政、立法などで貢献。観天望気(天気予報)の達人

原虎胤
下総、千葉氏の一族から甲斐へ流れてきた
武勇に優れ、鬼美濃と恐れられた
武田二十四将 武田五名臣

小山田信茂
小山田信有の子
戦では常に先陣を任せられる精鋭。天目山の戦で勝頼を裏切る
武田二十四将

馬場信春
武田三代に仕えた。馬場民部
長篠の戦で戦死
武田二十四将

山県昌景
飯富虎昌の実弟。
武田の赤備えを率い小兵ながら敵無しの猛将。長篠の戦で戦死
武田二十四将

高坂昌信
信玄、勝頼の重臣として生き残った。甲陽軍鑑の作者と言われる
海津城代、春日弾正
武田二十四将
 
春日信達
高坂昌信の子。海津城代を引き継ぐが、武田氏滅亡後は上杉氏に臣従
その後、北条氏への内通が露見し、上杉景勝により誅される

真田幸隆
村上義清攻めの事前工作で貢献
真田三代の初代当主
武田二十四将

真田信綱
幸隆の嫡男。父とともに数々の戦に参陣し貢献
父の隠居により家督を相続するが、長篠の戦で戦死
 
真田昌輝
幸隆の二男。信玄から「我が両眼なり」と評された猛将
長篠の戦で戦死

真田昌幸
真田幸隆の子。第4次川中島の戦で初陣
関ヶ原の戦の前哨戦、上田城の戦で、西上する徳川秀忠勢を上田城に釘付けに

土屋昌続
信玄の奥近習から侍大将となり、土屋氏の名跡を継ぐ
他国との取次や外交に手腕を発揮したが、長篠の戦で戦死
武田二十四将

小幡信貞
上野西方衆
亡命して信玄を頼り、父、憲重とともに500騎の指揮を任された

内藤昌豊
戦功により箕輪城代に任命される
長篠の戦で戦死
武田二十四将

秋山信友
伊那の郡代、後、東美濃の岩村城代
信長との同盟に貢献
武田二十四将

木曾義昌
木曽谷の領主
信玄に臣従し、娘婿となるが、最後は勝頼を裏切り織田信長につく

飯富虎昌
信玄嫡男、太郎義信の傅役
謀反(義信事件)により切腹
武田二十四将

穴山梅雪
下山城主。のちに興国城代、江尻城代
武田親族衆の筆頭ながら、最後は勝頼を見限り、徳川家康を通じて織田信長に寝返る
武田二十四将

山本勘助
謎多き信玄の名軍師。城造りや軍略に才を発揮
川中島の戦で、きつつき戦法を進言するが、上杉謙信に見破られ戦死
武田二十四将 武田五名臣

長坂長閑斎
板垣信方亡きあとの諏訪郡代
信玄没後は勝頼のブレーンとして権勢を奮い、天目山にて勝頼に殉死

関連地図


年表

西暦 出来事 主な敵 主な同盟 版図拡大
1537年 武田信玄初陣 (信濃国佐久、海ノ口城攻め) 信濃国人  
1541年 信玄の父武田信虎、追放される  
1542年 信濃国諏訪を平定 (安国寺の戦) 諏訪
1545年 信濃国上伊那を平定 上伊那
1547年 信濃国佐久を平定 (小田井原の戦) 佐久
1548年 信濃国小縣で村上義清に敗北
重臣板垣信方甘利虎泰らが討ち死に (上田原の戦
 
信濃国諏訪で、守護小笠原長時に勝利 (塩尻峠の戦  
1550年 信濃国林城を攻略し、中信濃を平定 中信濃
村上義清の支城、小縣の戸石城攻めで大敗 (戸石崩れ  
1553年 信濃国小縣を平定 小縣
第一次川中島の戦 上杉氏  
1554年 甲相駿三国同盟を締結し、長尾景虎(上杉謙信)へ備える 北条氏、今川氏  
1555年 信濃国木曽を平定 (信濃国をほぼ平定) 上野国人 木曽
1560年 桶狭間の戦で同盟者今川義元が討ち死に  
1561年 第四次川中島の戦 川中島
1565年 義信事件  
1566年 上野国西部を平定 (箕輪城の戦 西上野
1568年 三国同盟を破棄し駿河国へ侵攻 今川氏  
駿府攻めで勝利し今川家が滅亡  
駿河国において北条氏と衝突 北条氏  
1569年 上野国経由で武蔵国相模国へ侵攻  
北条氏の小田原城を攻めるが落ちず
小田原城攻め(武田信玄)
 
相模国で追撃してきた北条軍に勝利 (三増峠の戦  
1570年 北条軍を追い駿河国を平定 駿河
1571年 遠江国三河国へ侵攻 徳川氏・織田氏 奥三河、北遠江
1572年 3万の大軍で上洛戦を開始 東美濃
遠江国徳川家康に大勝 (三方ヶ原の戦  
武田信玄、病没。武田勝頼が当主に  
1574年 遠江国の要衝高天神城を攻略し、東遠江を平定 (高天神城の戦(第一次) 東遠江
三河国で、徳川家康・連合軍に大敗 (長篠の戦
1577年 北条氏から正室を迎える 北条氏
1579年 越後国御館の乱に巻き込まれるが、上杉景勝と和睦し同盟。(甲越同盟)
これにより北条氏と敵対関係に
北条氏 上杉氏
1581年 高天神城徳川家康に奪われ、遠江国を失う (第二次高天神城の戦)
1582年 織田軍の侵攻を受け、武田家滅亡。(天目山の戦

 

ゆかりの地
躑躅ヶ崎館 武田家の本拠
山梨県甲府市
恵林寺 武田信玄の菩提寺
山梨県甲州市
景徳院 武田勝頼自害の地
山梨県甲州市
新府城 武田勝頼が選んだ新拠点
天目山の戦
山梨県韮崎市
岩殿山城 険しい山上にある小山田氏の居城
山梨県大月市
上原城 諏訪氏亡きあと板垣信方が城代をつとめた
長野県茅野市
戸石城 戸石崩れの舞台となった
戸石崩れ
長野県上田市
高遠城 高遠氏亡きあと武田勝頼が入城
長野県伊那市
海津城 越後国の上杉謙信に備えるために築城
長野県長野市
川中島古戦場 越後国の上杉謙信と激突した戦場
川中島の戦
長野県長野市
高天神城 遠江国の要衝。徳川との攻防が繰り返された
静岡県掛川市
長篠城 長篠の戦の舞台となった、奥三河の城
愛知県新城市長篠
野田城 信玄が最後に落とした、奥三河の城
愛知県新城市豊島本城
甲斐国 信濃国 駿河国 遠江国 上野国

 

ライバルたち
諏訪頼重 信濃国諏訪の領主
信玄に滅ぼされる
高遠頼継 信濃国高遠の領主
諏訪氏の一族だが、信玄の謀略により諏訪を攻める
大井貞隆 信濃国佐久の領主
藤沢頼親 信濃国上伊那の領主
笠原清繁 信濃国志賀の領主
上杉憲政 関東管領で山内上杉家当主
信玄とは長く敵対
北条氏康に攻められ上杉謙信に名跡を譲る
村上義清 信濃国埴科の猛将
上田原の戦と戸石崩れ信玄に2度も勝利
小笠原長時 信濃国守護
信玄に破れ上杉謙信を頼る
上杉謙信 越後守護代から関東管領へ抜擢された越後の虎
信玄の生涯のライバル
5度に渡る大戦、川中島の戦で信玄と対決
今川義元 海道一の弓取りと評された名門の武将
駿河、遠江、三河を勢力下に置いた大大名
武田信玄北条氏康と三国同盟を結ぶが、桶狭間で織田信長に討たれる
今川氏真 今川義元なきあと家督を相続
信玄に駿河を攻められ北条氏康を頼る
雪斎 今川義元の使僧にして軍師。三国同盟締結の要
政略だけでなく武略にも長けていた。徳川家康の少年時代の師でもある
北条氏康 早雲の孫で、後北条氏第三代当主
関東の大部分を切り従えた名君
信玄の晩年に小田原城を攻められるが守りきる
徳川家康 織田信長と同盟し、三河国、遠江国の領主に
信玄に、海道一の弓取りと称された
三方ヶ原の戦で信玄に大敗
織田信長 尾張国の一領主から天下を狙い邁進した大天才
尾張国、美濃国、近江国、京都を初め畿内5ヶ国などの支配に成功
武田軍の上洛戦により生涯最大の危機を迎えるが、信玄の死により回避

トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール

この頁のトップへ