師、利休のあとを継いで秀吉の茶頭を務めた
古田織部ふるた おりべ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1544年(天文13年)
生誕地 美濃国 山口
実父:古田重定、養父:古田重安(重定の兄)
 
幼名 佐介
元服名  
古田景安、古田重然(しげてる)など
官名 従五位下織部正
近親など 正室:中川清秀の妹
ゆかりの地  美濃国 山口城
略歴 ●茶人の子
1544年 (1歳)
美濃国の豪族で茶人の古田重定の子として生まれる。

幼少の頃、父の兄で山口城主、古田重安の養子となる。

父の影響を受け、茶の湯に通じる。

●信長への臣従
1567年 (24歳)
織田信長美濃国を手中にすると、その家臣に。

1568年 (25歳)
織田信長の上洛戦に従軍。

1569年 (26歳)
信長の部将で、摂津国茨木城主の中川清秀の妹と結婚。

1576年 (33歳)
山城国山崎の代官に。

1577年 (34歳)
羽柴(豊臣)秀吉播磨国攻めに従軍。

1578年 (35歳)
明智光秀丹波国、八上城攻めに従軍。

●秀吉への臣従
1582年 (39歳)
本能寺の変後は、羽柴(豊臣)秀吉に仕える。

●利休七哲
この頃千利休に弟子入り。のちに、利休七哲のひとりとなる。

1585年 (42歳)
従五位下織部正に任官。

山城国西岡に、3万5千石を拝領し大名に。

1587年 (44歳)
九州攻めに従軍。

1590年 (47歳)
小田原城攻めに従軍。

1591年 (48歳)
豊臣秀吉に切腹を申し付けられた千利休が堺へ向かう際、細川幽斎(藤孝)とともに見送りに出る。

●茶頭
千利休のあとを継ぎ、豊臣秀吉の茶頭に。

1592年 (49歳)
朝鮮への侵攻(文禄の役)に従軍。

1598年 (55歳)
子の古田広重に家督を譲り隠居。

1600年 (57歳)
関ヶ原の戦では東軍につく。

その後、徳川秀忠の茶の湯の指南役を務める。

●切腹
1615年 (72歳)
大坂夏の陣の際も徳川方につくが、豊臣秀頼への内通と、秀頼の嫡子、国松丸を匿った罪で切腹させられる。
死没 1615年(慶長20年)6月 (享年72歳)
レクイエム 今に残る織部焼き(茶器)や、織部流(茶道)の生みの親であり、武将でありながら桃山時代きっての文化人であった。

また、師の利休と同じく、時の権力者に媚びへつらうことのない反骨心旺盛な人物であった。