信州上伊那、箕輪の領主
藤沢頼親ふじさわ よりちか
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 ????年(????年)
生誕地 信濃国 伊那郡
藤沢隆親
 
幼名 次郎
箕輪次郎
官名  
近親など 正室:小笠原長時の娘
弟:藤沢権次郎
子:藤沢頼広
ゆかりの地  信濃国 福与城(箕輪城)
 信濃国 田中城
略歴 ●名門
????年 (1歳)
信濃国諏訪氏の分流で伊那、福与城主の藤沢隆親の子として生まれる。

(中略)

●信玄
1542年 (??歳)
この頃から、武田晴信(信玄)信濃国侵攻が始まり、駒井高白斎に攻められ降伏。

1545年 (??歳)
同じ諏訪一族のの高遠家や、妻の実家である小笠原長時と結び武田家から離反。

武田家が高遠城を攻略。

1546年 (??歳)
武田家から支城の龍ヶ崎城を攻め落とされ、弟の藤沢権次郎を人質に出し降伏。(福与城の戦)

その後、穴山信君(梅雪)の配下に。

●再離反
1548年 (??歳)
上田原の戦(小縣郡)で、武田晴信(信玄)村上義清に敗北すると再び武田家から離反。

1549年 (??歳)
再び穴山信君(梅雪)に降伏。

●上洛
その後上洛し、三好長慶に仕える。

1566年 (??歳)
三好長慶が死没。

●帰還
その後伊那箕輪に戻り田中城を築城、武田家に仕える。

1582年 (??歳)
武田家が滅亡すると、北条家に仕える。

本能寺の変

徳川家康の家臣、保科政直に攻められ、子の藤沢頼広とともに自害。
天正壬午の乱
死没 1582年(天正10年)(享年??歳)
レクイエム