宇和島藩主となった伊達政宗の長庶子
伊達秀宗だて ひでむね
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1591年11月11日(天正19年9月25日)
生誕地 陸奥国陸前 村田城
伊達政宗
新造の方(飯坂宗康の娘)(異説あり)
兵五郎、秀弘、秀宗、豊臣秀宗
官名 従五位下、侍従、遠江守、従四位下
近親など 正室:徳興院(井伊直政の娘)
弟:伊達忠宗、伊達宗清、伊達宗泰、伊達宗綱、伊達宗信、伊達宗高、伊達竹松丸、伊達宗実、伊達宗勝、亘理宗根
妹:五郎八姫、牟宇姫、岑姫、千菊姫、津多など
子:伊達宗実、伊達宗時、伊達宗利、桑折宗臣、伊達宗純、伊達徳松、伊達宗職、伊達岩松、伊達宗則など
ゆかりの地 GOOGLE MAP 陸奥国陸前 村田城
GOOGLE MAP 山城国 伏見城
GOOGLE MAP 武蔵国 江戸城
GOOGLE MAP 伊予国 宇和島城
略歴
●伊達家長子
1591年 1歳 奥州150万石の太守、伊達政宗の長男として生まれる
父、伊達政宗陸奥国陸前玉造郡など58万石に減封となり、岩出山城(岩手沢城)に入る
    ●人質と元服
1594年 4歳 豊臣秀吉の人質となり、伏見城に移る
1595年 5歳 秀次事件
1596年 6歳 豊臣秀吉の猶子となり元服、偏諱を賜り豊臣秀宗と名乗る
    豊臣秀頼の側小姓に
1598年 8歳 豊臣秀吉死没
●西軍の人質
1600年 10歳 関ヶ原の戦の際は西軍の人質となり、大坂の宇喜多秀家邸に入る
●徳川の人質
1602年 12歳 徳川家康の人質となり、江戸城に入る
    ●弟の誕生
父政宗とその正妻愛姫の子として、弟、虎菊丸(伊達忠宗)が誕生
1603年 13歳 虎菊丸が江戸城徳川家康に拝謁
1609年 19歳 徳川家康の重臣、井伊直政の娘と結婚
1611年 21歳 虎菊丸が元服、将軍、徳川秀忠からの偏諱を受け忠宗と名乗る
これにより、元豊臣秀吉の猶子である秀宗は事実上廃嫡される
●宇和島藩主
1614年 24歳 大坂冬の陣で初陣
戦功として伊達家に加増された伊予国宇和島10万石を分封され、宇和島城主に(初代宇和島藩主)
1620年 30歳 家老の山家公頼が桜田元親に討たれる(和霊騒動)
幕府への届出を怠ったことを父、正宗から咎められ勘当される
1621年 31歳 父、正宗が宇和島藩の返上を幕府に申し出るが、老中、土井利勝の説得を受け父子で話し合った結果、父の怒りが解け勘当を取り消される
1636年 46歳 父、正宗が死没
1637年 47歳 この頃、中風を得る
1638年 48歳 二男で世子となっていた伊達宗時が、藩政をみるように
1644年 54歳  長男、伊達宗実が病没
1653年 63歳 世子、伊達宗時が死没、三男の伊達宗利を世子に
1657年 67歳 隠居し、家督を伊達宗利に譲る
吉田藩(3万石)を分藩し、五男の伊達宗純に与える(初代伊予吉田藩主)
1658年 68歳 江戸藩邸で死没
死没 1658年7月8日(明暦4年6月8日) (享年58歳)
レクイエム