70名で関ヶ原に駆けつけた島津の忠臣
長寿院盛淳ちょうじゅいん もりあつ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1548年?(天文17年)
生誕地 薩摩国
畠山頼国
 
幼名  
阿多盛淳、阿多長寿院、大善坊、一超日純
官名  
近親など 正妻:鳥居忠吉の娘
子:畠山忠栄
ゆかりの地  薩摩国 大乗院
 紀伊国 高野山
 紀伊国 根来寺
略歴 ●薩摩畠山家
1548年 (1歳)
薩摩畠山家、畠山頼国の子として生まれる。

●出家
幼くして大乗院の仏門に入る。

1550年 (3歳)
高野山の木食上人のもとで修業。

1558年 (11歳)
根来寺にて修業。

●薩摩
その後、薩摩に戻り安養院の住職に。

●島津氏
1586年 (39歳)
島津義久の使僧となり、豊臣秀吉との交渉などで貢献。

1587年 (40歳)
豊臣秀吉九州攻めの際は、和睦を取り持つ。

その後、石田三成伊集院忠棟とともに検地の奉行をつとめる。

1595年 (48歳)
島津義弘の家老に。

●関ヶ原
1600年 (53歳)
関ヶ原の戦に、70名の家臣を率いて参陣するが、退却戦(島津の退き口)において島津義弘の影武者となって本多忠勝らと戦い討ち死に。
死没 1600年10月21日(慶長5年9月15日) (享年53歳)
レクイエム 島津義弘から拝領した陣羽織と、石田三成から拝領した軍配を身につけ影武者として戦い、壮絶な討ち死にを遂げた。