一族の仇を討った畠山七人衆のひとり
長連龍ちょう つらたつ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1546年(天文15年)
生誕地  
神保慶宗(?)
 
幼名 萬松
宗先(戒名)、長九郎左衛門尉、長好連、長連龍、如庵(戒名)
官名  
近親など 子:長連頼など
ゆかりの地  能登国 穴水城
 能登国 七尾城
 能登国 福水城 (詳細な場所は不明)
略歴 ●長家の三男
1546年 (1歳)
越中国守護、畠山家の重臣、長続連の三男として生まれる。

その後、僧となり孝恩寺の住職に。

1577年 (32歳)
上杉謙信七尾城を攻められた際、父、長続連の命により織田信長の元へ援軍を依頼に。

●七尾城落城
七尾城内で上杉派の遊佐続光、温井景隆らに長一族が殺害される。

還俗して長好連を名乗る。

その後、神保家などと結んで、父の仇、遊佐続光らと対立。

●穴水城奪回
1578年 (33歳)
上杉謙信が死没。

上杉勢に占領されていた長家の居城、穴水城を攻め落とし奪回。

その後、再び上杉勢に攻められ、越中国守山城主、神保氏張の元へ逃れる

北陸方面への進撃してきた織田信長部将、柴田勝家に従う。

1580年 (35歳)
七尾城にいた父の仇、温井景隆を攻めるが、織田信長に和解を命じられる。

鹿島郡の内半郡を拝領し、福水城主に。

●仇討ち
1581年 (36歳)
信長に追放された遊佐続光を追撃し、父の仇を討つ。(異説あり)

1582年 (37歳)
柴田勝家の魚津城攻めに従軍。

織田方から上杉方に寝返った、一族の長景連を討つ。

本能寺の変

不穏な動きを見せた、父の仇、温井景隆を攻め討つ。

●前田家家臣
その後、前田利家の家臣に。

1583年 (38歳)
賤ヶ岳の戦に従軍。

1584年 (39歳)
末森城の戦に従軍。

1590年 (45歳)
小田原城攻めに従軍。

1606年 (61歳)
隠居。剃髪して如庵と号す。

1611年 (66歳)
長好連が死没したため、再び当主に。

1619年 (74歳)
死没。
死没 1619年2月 (享年74歳)
レクイエム