家康に使えたお抱え商人兼細作
茶屋清延ちゃや きよのぶ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1545年(天文14年)
生誕地 京都
中島明延
 
幼名  
茶屋四郎次郎清延
官名  
近親など 子:茶屋清忠、茶屋清次など
ゆかりの地  山城国 京都 茶屋四郎次郎邸跡 
略歴 ●豪商
1545年 (1歳)
京都の豪商の子として生まれる。

●家康への随身
早くから徳川家康に接近し、お抱え商人に。

1582年 (38歳)
本能寺の変で信長が討ち死にした際、徳川家康に一報を伝える。

伊賀超えルートで三河国への帰国が決定すると、道中の家康の安全確保のために、領民たちを買収するなど功をたてる。(神君伊賀越え)

●江戸屋敷
1590年 (46歳)
徳川家康が関東へ移封されると、江戸に屋敷を拝領。

1596年 (52歳)
死没。
レクイエム 家康と同年でもあり、経済的にも政治的にも生涯徳川家のために暗に陽に活躍した人物。

朝廷や豊臣秀吉との仲介役も務めていたとされる。

また、家康の数々の戦にも随行していることから、武士としても仕えていたといわれている、

京都の茶屋邸は、徳川家康の宿泊先であった。
死没 1596年9月19日(慶長元年閏7月27日) (享年52歳)