命と引き換えに城中の人々を救った
別所長治べっしょ ながはる
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1558年(永禄元年)
生誕地 播磨国
別所安治
浦上氏
幼名 小三郎
別所長治
官名 なし
近親など 正妻:照子(波多野秀治の娘)
ゆかりの地  播磨国 三木城
略歴 ●別所家
1558年 (1歳)
播磨国東部の豪族で三木城主、別所安治の子として生まれる。

●家督相続
1570年 (13歳)
父の病死により、家督を継ぐ。

●秀吉との対立
1578年 (21歳)
織田信長の中国毛利攻めの先鋒のひとりであったが、方面司令官の羽柴(豊臣)秀吉に反発したことから、毛利家につく。

その際、近隣の豪族の多くも味方となって、ともに三木城に入城し織田家に敵対。

●三木城籠城
1579年 (22歳)
2月に羽柴(豊臣)秀吉三木城兵糧攻めが始まる。

1580年 (23歳)
城内の食料も底をつき、全ての兵や婦人、子供の助命と引き換えに切腹。
レクイエム 23歳の若き領主ではあるが、義を貫き通し、最後は自らの命と引き換えに多くの人々を救った。切腹を決断すると、秀吉は立派な心がけとして賞し、酒肴を送るなどした。
死没 1580年(天正8年)1月 (享年23歳)