朝倉への義を選択し信長から離反した北近江の領主
浅井長政あざい ながまさ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1545年(天正14年)
生誕地 近江国 小谷城
浅井久政
井口守経の娘
猿夜叉(幼名)、新九郎、浅井賢政、長政
官名 従五位下、備前守
近親など 正室:平井定武の娘・お市の方織田信長妹)
子、万福丸、万寿丸
娘:茶々(淀殿)=(豊臣秀吉側室)、初(常高院)=(京極高次正室・常高院)、江(於江与)=(徳川秀忠正室)、くす
ゆかりの地  近江国 小谷城
略歴
●独立大名
1545年 1歳 北近江の大名、浅井久政の子として生まれる
1559年 15歳 父の浅井久政を隠居させ、家督を相続
服従していた南近江六角(義賢)承禎と対立
六角家から来ていた妻を離別。
1560年 16歳 初陣である野良田の戦で六角義賢を破り、北近江に独立。その際援助を受けた越前国朝倉義景と同盟関係に
●信長との同盟
1567年 23歳 美濃国を版図に入れた織田信長と同盟
織田信長の美貌の妹、お市の方を正室に迎える
●信長への反旗
1570年 26歳 金ヶ崎の退き口織田信長を裏切り朝倉義景に味方)
織田信長、京都へ退却。(金ヶ崎の退き口
姉川の戦で、織田信長に敗北
志賀の陣を経て織田信長と一旦和睦
織田信長比叡山焼き討ち
1573年 29歳 小谷城の戦で、織田勢に本拠小谷城を攻められ父浅井久政が自害
妻のお市の方や3人の娘を羽柴(豊臣)秀吉に引渡し自害。浅井家は滅亡
レクイエム お市の方との3人の娘は、後の歴史に重要な役割を果たすことになる。

3代将軍、徳川家光の祖父にあたることから、約60年後、家光の奏請により従二位中納言を追贈された。
死没 1573年9月26日(天正元年9月1日) (享年29歳)