名門、蘆名家を継いだ二階堂家の嫡男
蘆名盛隆あしな もりたか
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1561年(永禄4年)
生誕地  
二階堂盛義
阿南姫(伊達晴宗の娘)
平四郎、蘆名盛隆
官名 左京亮、三浦介
近親など 正室:彦姫
子:亀王丸、江戸崎御前(相馬利胤の正室)
養子:小杉山御台(蘆名盛興の娘、蘆名義広の正室)、岩瀬御台(蘆名盛興の娘、佐竹義宣の側室)
ゆかりの地  陸奥国岩代 須賀川城
 陸奥国岩代 黒川城(会津若松城
略歴
●二階堂家
1561年 1歳 須賀川二階堂家、二階堂盛義の嫡男として生まれる
1564年 4歳 父、二階堂盛義が家督を相続
●人質
1566年 6歳 父、二階堂盛義が会津の蘆名盛氏、盛興父子に攻められ降伏、臣下についたことから、人質となって黒川城に入る
●蘆名家相続
1574年 14歳 蘆名家当主の蘆名盛興が死没。盛興には子がなく、人質となっていた盛隆が蘆名氏を相続し、蘆名盛隆と名乗る。これにより、二階堂氏は勢力を挽回
1579年 19歳 敵対してきた田村家が、伊達政宗と婚姻関係に
1580年 20歳 隠居の蘆名盛氏が死没。これにより蘆名家の実権を掌握
1581年 21歳 実父、二階堂盛義が死没
●越後
越後国新発田重家の乱が起こると、伊達輝宗とともに反上杉景勝派に味方し新潟津を支配
この頃、織田信長に誼を通じる
1584年 24歳 出羽三山の東光寺に参詣している際、栗村盛胤、松本行輔らに一時黒川城を占拠されるが、すぐに平定
長沼城主の新国貞通(栗村盛胤の実父)を攻め降す
●最期
黒川城内で、寵臣、大庭三左衛門に斬り殺される
死没 1584年11月8日(天正12年10月6日) (享年24歳)
レクイエム 盛隆は、城内で鷹を愛でていたところを突然斬られた。大庭三左衛門は美童で知られた盛隆の寵童だったが、男色のもつれで主を襲ったといわれる。

この後蘆名氏は1歳の亀王丸が相続するが3歳で夭折、佐竹氏から当主(蘆名義広)を迎えることになる。
その蘆名義広も、摺上原の戦で陸奥統一を狙う伊達政宗に大敗、蘆名氏は滅亡する。