秀吉の相婿で内匠頭の先祖
浅野長政あさの ながまさ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1547年(天文16年)
生誕地 尾張国 春日井郡
実父:安井重継、岳父:浅野長勝
実母:浅野長詮の娘、養母:七曲殿
元服名 浅野長吉、弥兵衛、長政
官名 従五位下、弾正少弼、従四位下、侍従など
近親など 正妻:やや(長生院、浅野長勝の娘)
子:浅野幸長、浅野長晟、浅野長重など
ゆかりの地  近江国 坂本城
 近江国 大津城
 若狭国 後瀬山城
 甲斐国 甲府城
 常陸国 真壁城
略歴
●尾張
1547年 1歳 尾張国宮後城主、安井重継の子として生まれる
その後、織田信長家臣で、叔父の浅野長勝の娘と結婚し婿養子に
●秀吉の重用
岳父、浅野長勝は木下藤吉郎(豊臣秀吉)の妻高台院(ねね)の養父であったため秀吉の相婿ということになり、秀吉から重用される
1573年 27歳 一乗谷攻めに従軍
小谷城の戦に従軍
●坂本城主
1583年 37歳 賤ヶ岳の戦に従軍
その功により、近江国坂本城主となり2万石を拝領
1586年 40歳 坂本城に替わる居城として、大津城を築城
●小浜城主
1587年 41歳 若狭国一国(8万石)を拝領し、後瀬山城主に
1590年 44歳 小田原城攻めに参陣
奥州仕置では陸奥国岩代へ出陣
1592年〜1597年 46歳〜51歳 朝鮮への侵攻(文禄の役慶長の役)では、軍監として従軍
    ●甲斐
1593年 47歳 甲斐国に転封となり甲府城主に。子の浅野幸長の領地と合わせ22万石を拝領
    この間、京都奉行、検地奉行などの吏僚として手腕を発揮
    ●五奉行
1598年 51歳 五奉行制がしかれると、その筆頭に
    豊臣秀吉死没後は、かねてより友好関係にあった徳川家康に接近
    ●隠居
1599年 52歳 関ヶ原の戦の直前、増田長盛の讒言(家康暗殺の噂)により武蔵国に蟄居
    隠居し、家督を子の浅野幸長に譲る
1600年 53歳 関ヶ原の戦では徳川家康から従軍の誘いを受けるが、蟄居中であったことから、浅野幸長を東軍につかせる
戦後、浅野幸長紀伊国和歌山37万石を拝領し、和歌山城主に
1606年 59歳 隠居料として、常陸国真壁、筑波5万石を拝領、真壁城主に
1611年 64歳 江戸で死没
死没 1611年5月29日(慶長16年4月7日) (享年64歳)
レクイエム 死没後、常陸国真壁、筑波5万石は三男の浅野長重が継承したが、赤穂浪士の主君、浅野内匠頭はその子孫である。

増田長盛の讒言は、実力者である長政を石田三成ら奉行衆から引き離すための家康の謀略だったという説が有力。