政治のために離婚させられた天下人の妹
旭姫あさひひめ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1543年(天正12年)
生誕地 尾張国 中村
竹阿弥(豊臣秀吉の義父)
仲(大政所)
朝日、旭姫、朝日姫、駿河御前
官名  
近親など 夫:佐治日向守、徳川家康
姉:とも(日秀)
兄:豊臣秀吉豊臣秀長
ゆかりの地  遠江国 浜松城
GOOGLE MAP 山城国 聚楽第
略歴
●秀吉の妹
1543年 1歳 尾張国中村の農家の末っ子に生まれる
●農夫の妻
初め、農夫(後の佐治日向守(または副田甚兵衛)に嫁ぐ
その後、兄、木下藤吉郎(豊臣秀吉)が出世したことから、夫が武士として取り立てられる
●家康の妻
1586年 44歳 兄、羽柴(豊臣)秀吉の命で、佐治日向守(または副田甚兵衛)と離婚、浜松城徳川家康の元に再嫁する
1588年 46歳 母の仲(大政所)の看病のため、京都の聚楽第に戻る
1590年 48歳 家康の元に戻らないまま聚楽第で死没
レクイエム 思うように臣下につかせられない家康を懐柔するための、秀吉の究極の政略が、妹旭姫を家康に嫁がせてしまうことであった。

この後さらに、実母の大政所を家康のいる駿府へ人質同然に旅させてまで、家康にひざまづかせようとした秀吉の執念はものすごい。

旭姫と仲の良かった夫の佐治日向守は、秀吉に無理やり離婚させられた際、抗議の自害を遂げている。
死没 1590年2月18日(天正18年1月14日) (享年48歳)