天正遣欧使節を派遣したキリシタン大名
有馬晴信ありま はるのぶ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1567年(永禄10年)
生誕地 肥前国
有馬義貞
安富入道徳円の妹
十郎、鎮景、鎮真、鎮純、鎮貴、久貴、久賢、正純、晴信、左衛門大夫、ドン・プロタジオ(受洗名)
官名 従五位下 修理大夫
近親など 叔父:大村純忠
正室:ルチア(山田純規の娘)
子:有馬直純、有馬純貞など
ゆかりの地  肥前国 日野江城
略歴
●有馬家
1567年 1歳 肥前国日野江城主、有馬義貞の次男として生まれる
1570年 4歳 兄、有馬義純が家督を相続
●家督相続
1571年 5歳 兄、有馬義純の死没により、家督を継ぐ
北九州に勢力を拡大する龍造寺隆信の圧力を受け始める
●キリスト教
1580年 14歳 キリスト教に入信し、洗礼を受ける
有馬にセミナリオ(イエズス会の教育施設)を建設
有馬全土がキリシタンに
1582年 16歳 大友宗麟らとともに、天正遣欧使節を欧州に派遣
●龍造寺への勝利
1584年 18歳 薩摩国島津義久と通じ龍造寺家に対抗、沖田畷の戦で勝利
●秀吉への降伏
1587年 21歳 豊臣秀吉九州攻めを受け降伏
豊臣秀吉、バテレン追放令を発令
1592年 26歳 文禄の役に参陣
1597年 31歳 慶長の役に参陣
1600年 34歳 関ヶ原の戦では肥前国にあって西軍につくが、西軍の敗報に東軍に寝返り、小西行長宇土城を攻撃
戦後はその功により領地を安堵される
●岡本大八事件
1609年 43歳 マカオで朱印船の乗組員60名が殺害された報復として、長崎港にきたポルトガル船マードレ・デ・デウス号を攻撃
1612年 46歳 旧領回復を匂わせる、本多正純の家臣、岡本大八に多額の贈賄を行ったことが発覚。
さらには長崎奉行の長谷川藤広暗殺を計画した罪(冤罪といわれる)で、甲斐国へ追放される
その後、駿河国安倍川原で死罪に。(岡本大八事件)
島原藩4万石は改易される
死没 1612年(慶長17年)5月 (享年46歳)
レクイエム