毛利の運命を左右させた大名並の使僧
安国寺恵瓊あんこくじ えけい
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1539年(天文8年)
生誕地  
武田信重(伴繁清とも)
 
幼名 竹若丸、辰王丸
竹若丸(幼名)、辰王丸(幼名)、恵瓊、瑶甫、一任斎、正慶
官名  
近親など  
ゆかりの地  安芸国 安国寺
 美濃国 関ヶ原 南宮山
GOOGLE MAP 山城国 建仁寺
略歴
●守護家
1539年 1歳 安芸国守護、武田信重の子として生まれる(異説あり)
●出家
1543年頃 5歳 大内家との戦いで安芸武田家が滅亡した際、安芸国の安国寺に逃れる
その後京都東福寺に入り出家、竺雲恵心の弟子へ
●毛利の使僧
その後中国の毛利家との繋がりから、毛利家の外交僧に
1570年頃 32歳 豊後国の大友家との和睦交渉に成功
1573年 35歳 安芸国の安国寺住職に
●秀吉との交渉
1582年 44歳 羽柴(豊臣)秀吉備中高松城の水攻めされていた毛利家の使者として、城主清水宗治の切腹を条件に和睦を決める。この時、本能寺の変の情報はつかんでいなかった
●大名僧侶
その後、羽柴(豊臣)秀吉の側近を兼ね、伊予国和気などに6万石を拝領し大名に
1590年 52歳 豊臣秀吉小田原城攻めに水軍の将として参陣、下田城攻略などで貢献
1597年 59歳 毛利一族の小早川隆景の死後、徳川家康方につく考えのあった吉川広家と対立
1599年 61歳 京都の建仁寺に、安芸国安国寺の方丈を移築
●関ヶ原
1600年 62歳 関ヶ原の戦では西軍につき、毛利輝元の担ぎ出しに成功するが、本戦では前方にいた吉川広家が東軍に内通していて動かなかったことから参戦できず敗戦
逃れていた京都で捕縛され、毛利家を西軍の総大将に担ぎ上げた罪から六条河原で斬首
レクイエム 織田信長が家中の謀反により横死することや、秀吉が天下をとることを事前に予言したと言われている。

外交手腕に優れ、僧にして大名となった、貴重な人物。

京都の建仁寺に首塚がある。
死没 1600年11月6日(慶長5年10月1日) (享年62歳)