北斗七星に喩えられた羽後の大名
安東愛季あんどう ちかすえ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1539年(天文8年)
生誕地 出羽国羽後
安東舜季
安東尭季の娘
安東愛季、近季、秋田愛季、北天の斗星
官名 従五位下、侍従
近親など 正室:砂越宗順の娘
側室:畠山清信の娘
子:秋田業季、秋田実季、安倍英季、安東季勝など
ゆかりの地  出羽国羽後 檜山城
GOOGLE MAP 出羽国羽後 脇本城
略歴
●檜山安東家
1539年 1歳 出羽国羽前北部の領主で、檜山城主、安東舜季の子として生まれる
●家督相続
1553年 15歳 父、安東舜季が死没したため、家督を相続
その後、能代湊を整備し、他国との貿易を推進
さらには、雄物川を使用した河川交易の独占を図るために土崎湊を整備
1562年 24歳 比内の領主で扇田長岡城主の浅利則祐を攻め滅ぼし、則祐の弟、浅利勝頼を浅利家の当主に据え支配下に
●陸奥への進出
1567年 25歳 陸奥国陸奥南部晴政の領する鹿角へ侵出、長牛城を攻略
1568年 26歳 南部一族の九戸政実に長牛城を攻められ、奪回される
●湊騒動
1570年 28歳 河川交易をめぐって豊島休心をはじめ、下刈家、川尻家、小野寺家、戸沢家らと対立
●安東家の統一
1572年 30歳 豊島家ら敵対勢力を退け、秋田郡を平定。(湊騒動)
1573年 31歳 織田信長へ貢物を送り、誼を通じる
●脇本城
1577年 35歳 従五位下に
檜山城を嫡男の安東業季に譲り、男鹿半島の脇本城に居城を移す
1579年 37歳 実弟で、湊安東家を継いでいた安東茂季が病死すると、その子、安東高季の後見役となり、嫡男の秋田業季を湊城主に据える。これにより檜山安東家と湊安東家は実質的に統一
1580年 38歳 従五位上、侍従に
1582年 40歳 比内の浅利勝頼を、松前慶広に謀殺させ、出羽国羽後北部一帯を平定
1583年 41歳 嫡男の秋田業季が病没
その後、秋田城介にちなみ秋田氏を名乗る
羽柴(豊臣)秀吉へ貢物を送り、誼を通じる
1587年 45歳 角館城主、戸沢盛安との戦の最中に病死
死没 1587年10月2日(天正15年9月1日) (享年45歳)
レクイエム 文武に長け、外交や謀略を駆使し、安東家の統一に成功したことから、「斗星(北斗七星)の北天に在るにさも似たり」との称賛を受けた戦国大名。