甲賀忍者を統率した三河三奉行のひとり
天野康景あまの やすかげ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1537年(天文6年)
生誕地  
天野景隆
 
又五郎(幼名)、三郎兵衛、景能、康景
官名  
近親など 正室:牛田行正の娘
子:天野康宗、天野康勝、天野康世など
ゆかりの地  駿河国 興国寺城
略歴
●家康への随身
1537年 1歳 三河国松平広忠家臣、天野景隆の子として生まれる
その後、幼少の松平元康(徳川家康)の小姓として、織田家や今川家での人質生活に同行する
1558年 22歳 松平元康(徳川家康)の初陣に付き添う
1560年 24歳 桶狭間の戦
松平元康(徳川家康)岡崎城に入城
●三奉行
1565年 29歳 本多作佐衛門高力清長とともに三河三奉行に
1571年 35歳 姉川の戦に参陣し功をたてる
1572年 36歳 武田信玄との三方ヶ原の戦では、鉄砲隊を率いて信玄の陣に夜襲をかける
三河国渥美郡に2百貫を拝領
1583年 47歳 駿河国江尻城代に
1586年 50歳 甲賀忍者の統率を任せられる。(2千2百貫)
●江戸町奉行
1590年 54歳 徳川家康の関東移封にともない、下総国内に3千石を拝領
江戸町奉行に(初代)
1601年 65歳 駿河国興国寺城主に(1万石)(初代興国寺藩主)
●改易
1607年 71歳 領内での竹・材木盗難事件をきっかけに、幕府本多正純と口論の末、子の天野康宗とともに逐電、改易に
1613年 77歳 潜伏先の小田原で死没
死没 1613年4月14日(慶長18年2月24日) (享年77歳)
レクイエム