再興の誓いも夢と消えた
尼子勝久あまご かつひさ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像
誕生 1553年(天文22年)
生誕地 出雲国
尼子誠久
 
孫四郎(幼名)、尼子勝久
官名  
近親など 祖父:尼子国久
兄:尼子氏久、尼子吉久、尼子季久、尼子常久
弟:尼子通久
子:豊若丸、常若丸
ゆかりの地  出雲国 新宮党館
 山城国 東福寺
 出雲国 月山富田城
 播磨国 上月城
略歴
●尼子新宮党
1553年 1歳 尼子新宮党の当主、尼子誠久の子として生まれる
●仏門
1554年 2歳 新宮党の変により、祖父、父、ふたりの兄を、尼子家当主尼子晴久に殺される。(毛利元就の謀略説、または誠久の傲慢さが晴久の反感を買ったという説などがある)
その際、乳母の夫、小川重遠の助けを受けて逃れ、備後国の徳分寺に入る
●京都
1566年 14歳 毛利家との第二次月山富田城の戦で敗北
京都の東福寺に入る
●還俗・旗上げ
1568年 16歳 遺臣、山中鹿之介らの要請で還俗し、勝久と名乗り、尼子家再興の旗をあげる
1569年 17歳 旧家臣らを糾合し出雲国の大部分を回復し、さらに月山富田城の奪回をはかるが失敗
1570年 18歳 布部山の戦で、毛利元就に敗北し京都へ逃れる
1574年 22歳 因幡国山名豊国の支援のもと、出雲国奪回をはかるが失敗
●秀吉配下
その後織田信長の臣下となり、羽柴(豊臣)秀吉の指揮下に入る
1576年 24歳 秀吉の軍師竹中半兵衛に帝王学を学ぶ。
●上月城
1577年 25歳 羽柴(豊臣)秀吉の先鋒を任せられ、山中鹿之介とともに、毛利方の守る播磨国上月城を攻略し、入城する
1578年 26歳 上月城奪回を狙う吉川元春軍に包囲され、羽柴(豊臣)秀吉に支援を求めるが、播磨国三木城攻め(三木城兵糧攻め)をしていた秀吉には余裕がなく、織田信長からの命令もあって上月城を見殺しに。(上月城の戦)
毛利の攻撃にあい、城兵の助命を条件に降伏、自害。 家臣山中鹿之介は囚われ、後に殺害される
レクイエム 尼子家再興のため16歳で担ぎ出され、その10年後自害した。
自害に際して、僧侶で終わるところを尼子の大将になれたこと、自害に及んだことは弓矢とる身の習いであり、むしろ埃であるなど語ったといわれる。

結局最後は、頼った織田信長に見放された形であるが、播磨攻めの時期をもう少し我慢して遅らせていれば、織田が毛利を西へ押し返して、必然と家の再興が叶ったかもしれない。
死没 1578年8月6日(天正6年7月3日) (享年26歳)