本家や小寺家と対立した龍野赤松家の当主
赤松政秀あかまつ まさひで
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 ????年(????年)
生誕地 播磨国
赤松村秀
 
弥三郎、宇野政秀、赤松政秀
官名 下野守
近親など 子:赤松広貞、斎村政広、赤松祐高、さこの方(足利義昭側室)など
弟:平井祐利、川島頼村
ゆかりの地  播磨国 龍野城
略歴
●龍野赤松家
????年 1歳 播磨国守護赤松家の庶流で龍野城主、赤松村秀の子として生まれる
●家督
1540年 ??歳 父、赤松村秀が死没、家督を相続
●本家との対立
1558年 ??歳 本家の赤松晴政が、子の赤松義祐や家老の浦上政宗から追放されると、晴政を庇護し本家と敵対
1563年 ??歳 本家家老の浦上政宗が、敵対してきた備前国浦上宗景と和睦し、さらに御着城主の小寺政職と同盟
1564年 ??歳 敵対する浦上政宗の子、浦上清宗と小寺政職の家老、黒田職隆の娘の婚礼が行われている室津城を急襲し、浦上政宗、浦上清宗父子を討ち果たす
●和睦
1565年 ??歳 庇護してきた赤松晴政が死没。
これにより、本家の赤松義祐と和睦
1567年 ??歳 三好勢に京都から追われた次期将軍に内定していた足利義秋(義昭)から後援要請を受け、これを受諾
1568年 ??歳 足利義秋(義昭)が、織田信長に担がれて15代将軍につく
義秋の侍女(のちに側室)として京都へ向かわせた娘(さこの方)が、本家に無断で将軍家と結ぼうとしていることを快く思わない赤松義祐の命を受けた小寺政職により、囚われの身に
●本家との再対立
これにより再び本家の赤松義祐や、播磨国に勢力拡大を図る浦上宗景と敵対
1569年 ??歳 浦上宗景の攻勢が強まると、将軍、足利義秋(義昭)に援助を求め、義秋の命を受けた織田信長は、池田勝正らを派遣、別所安治、別所重棟、明石祐行ら播磨国国人たちもこれに加わり赤松義祐攻めを開始
浦上宗景備前国で、将軍に味方する宇喜多直家が謀反を起こしたため、浦上宗景も本拠へ帰還、 これにより播磨国における形勢は逆転
●姫路攻め
黒田職隆・黒田官兵衛父子の姫路城攻めへ向かうが、青山の戦で敗北
再度、姫路城攻めを行うが、土器山の戦で大敗
これを受け浦上宗景が再び侵攻を開始してきたため、本家の浦上宗景に降伏
1570年 ??歳 何者かに毒殺される
レクイエム  
死没 1570年12月19日(元亀元年11月12日) (享年??歳)