悪右衛門と呼ばれた丹波の赤鬼
赤井直正あかい なおまさ
トップページ 戦国年表 人物 合戦・出来事 国と郡 城・社寺 関連表 用語集 公開記録 参考文献 プロフィール・リンク メール
画像  
誕生 1529年(亨録2年)
生誕地  
実父:赤井時家
養父:荻野伊予守
 
才丸(幼名)、直正、荻野直正、悪右衛門、丹波の赤鬼
官名  
近親など 正室:波多野元秀の娘、渓江院(近衛稙家の娘)
子:赤井直義
兄:赤井家清
弟:赤井幸家、赤井時直、山口直之など
ゆかりの地  丹波国 後屋城
 丹波国 朝日城
 丹波国 黒井城
略歴
    ●荻野家の養子
1529年 1歳 丹波国後屋城主、赤井時家の次男として生まれる
その後、朝日城主、荻野伊予守の養子に
1549年 21歳 三好長慶の支援を受けた八木城主、内藤国貞の攻勢を受けるが、これを撃退
●黒井城
1554年 26歳 叔父で主君の黒井城主、荻野秋清を留堀城で殺害して黒井城主となり、荻野家の頭領に
●実家を支配下に
1557年 29歳 実家を相続していた兄、赤井家清が死没すると、あとを継いだ赤井忠家の後見人となって赤井家も支配下に置き、西丹波の有力者に
    赤井姓に改姓
1558年 30歳 天田郡の荒木尚雅を攻め滅ぼす
1564年 36歳 敵対してきた三好長慶が死去
1565年 37歳 八木城主、内藤宗勝を攻め滅ぼす
    ●信長への臣従
1570年 42歳 織田信長に臣従
    ●信長との敵対
1571年 43歳 山名祐豊が山垣城に侵攻してくるとこれを撃退、逆に但馬国へ進攻し山名家の此隅山城や竹田城を攻め取る
    山名祐豊織田信長に救援を依頼したため、織田信長と敵対関係に
1575年 47歳 織田家の丹波方面司令官、明智光秀の侵攻が始まると黒井城に篭城
    八上城の波多野秀治が織田家を裏切り赤井氏に味方したことから明智勢に勝利。(黒井城の戦(第一次))
    その後も明智勢と交戦を繰り返す
1578年 50歳 病死
レクイエム 明智光秀を討ち取る寸前まで追い詰めた猛将だが、その病死により赤井氏は弱体化、6月には波多野氏の八上城が、8月には黒井城が落城、丹波国織田信長の支配下に置かれ、明智光秀が領することになる。
死没 1578年4月8日(天正6年3月9日) (享年50歳)