松下村塾で知られる長州の討幕派
吉田松陰よしだ しょういん
画像
誕生 1830年9月20日(文政13年8月4日)
生誕地 長門国
先祖など   
実父:杉百合之助、養父:吉田大助(叔父)
杉寅之助、吉田大次郎、矩方、義卿、松陰、二十一回猛士
官名 贈正四位
藩職  
新政府  
近親など 兄:杉梅太郎(民治)
弟:杉敏三郎
妹:杉千代(児玉祐之の正室・児玉芳子)、楫取寿(楫取素彦の正室)、杉艶、杉文(楫取美和子)(久坂玄端の正室、のちに楫取素彦の正室)
ゆかりの地 GOOGLE MAP 長門国 生誕の地
GOOGLE MAP 長門国 松下村塾・松陰神社
GOOGLE MAP 東京松陰神社
略歴
●長州
1830年 1歳 長門国長州藩士、杉百合之助の次男として生まれる
1834年 5歳 叔父で山鹿流兵学師範の吉田大助の養子に
その後、叔父に師事し兵学を学ぶ
1835年 6歳 吉田大助が死没
叔父の玉木文之進が開いた松下村塾で学ぶ
    ●9歳の兵学師範
1838年 9歳 長州藩の藩校、明倫館の兵学師範に
1840年 11歳 藩主、毛利慶親への御前講義を実施し、高評価を受ける
1842年 13歳 長州軍を率いた西洋艦隊撃滅演習を実施
1844年 15歳 山田亦介から長沼流兵学を学ぶ
    ●九州
1850年 21歳 西洋流兵学を学ぶために九州へ
●江戸
江戸へ入り、佐久間象山(兵学者・松代出身)、安積艮斎(朱子学者・二本松出身)に師事
1851年 22歳 宮部鼎蔵(活動家・肥後出身)と、津軽出身の兵学者、山鹿素水と交流
1852年 23歳 宮部鼎蔵らと東北遊学を決行するが、長州藩からの通行手形入手が間に合わないことから脱藩
江戸へ帰着
士籍剥奪、世禄没収処分に
●黒船来航
1853年 24歳  アメリカのペリーが黒船4隻を率いて相模国浦賀に来航すると、佐久間象山とともに見学に行き、西洋文明の先進性を痛感
海外留学を志すように
長崎にプチャーチン率いるロシア軍艦が寄港していることを知り、同郷の足軽、金子重之輔とともに乗り込みを計画するが、予定より早く出航してしまい叶わず
1854年 25歳 ペリーが黒船4隻を率いて再航すると、子重之輔とともに漁船を盗んで旗艦のポーハタン号に漕ぎ着け乗船に成功するが、渡航を拒否される
下田奉行所に自首し、伝馬町の牢屋敷に投獄される
死罪になるところ、川路聖謨の働きかけにより助命され、国許蟄居処分に
長州では野山獄に投獄される
野山獄で、富永有隣(儒学者)、高須久子(藩士の娘)に出会う
1855年 26歳 出獄を許されるが、杉家に幽閉される
    ●松下村塾
1857年 28歳 叔父の松下村塾を引き継ぎ、自宅に開塾
その後、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋、吉田稔麿、入江九一、前原一誠、品川弥二郎、山田顕義、野村靖、渡辺蒿蔵、河北義次郎らを教育
●間部要撃策・伏見要駕策
1858年 29歳 幕府が朝廷に許可を得ず、日米修好通商条約を締結したことに激怒、間部要撃策(老中、間部詮勝への条約破棄を迫り聞き入れられない場合は討ち取る)を提言、藩に武器の借り受けを依頼するが拒否される
    新たな策、伏見要駕策(攘夷派の公家、大原重徳が、参勤交代で帰国途上の長州藩主、毛利敬親の駕篭を止めて説得、御所で天皇に謁見し幕府の失政を糾弾する)を計画
弟子である久坂玄瑞、高杉晋作、桂小五郎らから計画の自重を進言され失望
藩に対し、草莽崛起論(国家的危機に際し国家への忠誠心に基づく行動をすべきとの考え方)を訴え、討幕を呼びかける
藩から危険視され、再び野山獄に投獄される
1859年 30歳 梅田雲浜(儒学者・小浜出身)が幕府に捕縛されると、萩において面会していることや、雲浜の門下に伏見要駕策を立案した大高又次郎と平島武二郎がいたことから連座、再び江戸伝馬町の牢屋敷に投獄される
間部要撃策について自白したため、牢屋敷内で斬首刑に
死没 1859年11月21日(安政6年10月27日) (享年49歳)
レクイエム 墓所は現在、東京世田谷の松陰神社となっている