※ 年表でみる戦国時代のコンテンツを含みます
かな 肖像 名前 種別 コメント
浅野長矩 赤穂藩主 松の廊下で刃傷に及んだ赤穂藩主
浅野幸長 紀州藩主 三成嫌いの武断派で浅野長政の子
阿茶局 徳川家康側室 家康が最も信頼した側室
天草四郎 農民 島原の乱で一揆勢の総大将に選ばれた
天野康景 興国寺藩主 甲賀忍者を統率した三河三奉行のひとり
新井白石 旗本 正徳の治に名を残す朱子学者
有馬豊氏 久留米藩主 茶人としても知られた久留米藩主
有馬晴信 日野江藩主
(島原藩)
天正遣欧使節を派遣したキリシタン大名
井伊直弼  大老
彦根藩主 
桜田門外で暗殺された井伊の赤鬼
井伊直政 彦根藩主 常に先鋒として活躍した、徳川四天王のひとり
池田輝政 姫路藩主 西国最大の大名になった豊臣七将のひとり
生駒親正 高松藩主 讃岐一国を拝領した豊臣三中老
板倉勝重 京都所司代 家康に信頼された僧上がりの名奉行
井原西鶴 作家 「好色一代男」を生んだ難波の元俳諧師
五郎八姫 松平忠輝正室 徳川忠輝に嫁いだ伊達政宗の愛娘
上杉景勝 米沢藩主 謙信の養子は寡黙な武将
於江与の方 徳川秀忠正室 3人の武将に嫁いだお市の方の末娘
大久保忠隣 小田原藩 秀忠の将軍就任に尽力した
大久保忠世 小田原藩 家康に小田原城主を任せられた
大久保利通 薩摩藩 王政復古や版籍奉還を成功させた薩摩の討幕派
大久保彦左衛門 旗本 三河物語を残した忠世の末弟
大蔵卿局 淀殿側近 大坂城奥を取り仕切った淀殿の乳母
大野治長 豊臣秀頼側近 秀頼の最後の側近で和平派
奥平信昌 加納藩主 長篠城を守り通して信の字を拝領した
奥村永福 前田家家老
加賀藩士
加賀前田家を支えた助右衛門
織田有楽斎 味舌藩主 有楽町に名を残す信長の末弟
織田信雄 宇陀松山藩主 北畠家の後を継いだ信長の二男
織田秀信 岐阜藩主 信長の嫡孫、三法師
春日局 徳川家光乳母 将軍家光の乳母として台頭した光秀の家老の娘
片桐且元 豊臣家家老
竜田藩主
徳川・豊臣の争いに巻き込まれた
勝海舟 旗本 咸臨丸でアメリカに渡った幕末三舟のひとり
加藤清正 熊本藩 陣中で虎を退治した、秀吉子飼の武断派
加藤貞泰 黒野藩主 西軍から東軍へ寝返った美濃黒野城主
加藤嘉明 松山藩主 松山の礎を築いた賤ヶ岳七本槍のひとり
金森長近 高山藩主 信長、秀吉、家康に仕えた飛騨守
蒲生秀行 会津藩主 蒲生騒動により大封を失った会津領主
吉川広家 岩国藩主 関ヶ原で動かず毛利軍を参戦させなかった
木戸孝允 長州藩主
明治政府参事
討幕と明治維新を主導した長州の英傑
木下家定 足守藩主 姫路城主も務めた秀吉正室おねの兄
木下延俊 日出藩主 豊後日出初代藩主となった北政所の甥
京極高次 大津藩主 籠城して西軍を引き付けた近江源氏
京極高知 宮津藩主 兄に続き大名となり伊奈侍従と呼ばれた
朽木元綱 朽木藩主 信長の退却を助けた湖西の領主
黒田長政 福岡藩主 西軍調略に奔走した如水の嫡子
高台院(ねね) 豊臣秀吉正室 太閤秀吉の恋女房
小早川秀秋 岡山藩主 天下を決め、死を早めた、松尾山からの裏切り
小松姫 真田信之正室 真田家に嫁いだ本多忠勝の娘
近藤勇 新選組隊長 幕臣となり英雄となった新選組隊長
金地院崇伝 徳川家康側近 臨済宗の最高位から家康参謀となった
西郷隆盛 薩摩藩 西南戦争で散った江戸無血開城の立役者
西笑承兌 徳川家康側近 秀吉や家康に外交僧として重用された
榊原康政 館林藩主 秀吉を名指しで罵倒した家康の陪臣
坂崎直盛 津和野藩主 宇喜多騒動と千姫事件の主役
坂本龍馬 土佐藩士 海援隊の主宰者で薩長同盟の仲介者
相良頼房 人吉藩主 東軍に寝返り人吉藩主となった
佐竹義宣 久保田藩主 豊臣六大将のひとり、常陸の雄
真田信之 上田藩主 父と弟に決別し家康に従った長男
島井宗室 商人 朝鮮や南蛮との貿易で巨利を得た
常高院 京極高次正室 浅井長政とお市の方の次女
仙石秀久 小諸藩主 九州攻めの汚名を小田原攻めですすいだ
千姫 豊臣秀頼正室 7歳で秀頼に嫁いだ徳川家一の姫
高杉晋作 長州藩士 藩を討幕に傾かせた奇兵隊の創設者
滝川雄利 片野藩主 信雄の重臣となり高禄を与えられた
立花宗茂 棚倉藩主 知略にすぐれ忠義と剛勇鎮西一と称された器量人
伊達秀宗 宇和島藩主 宇和島藩主となった伊達政宗の長庶子
伊達政宗 仙台藩 天下を夢みた東北の雄、独眼竜
田中吉政 柳川藩主 山中に隠れていた三成を発見した農民出の大名
津軽為信 弘前藩主 名城弘前城を築いた津軽の暴れ者
寺沢広高 唐津藩主 長崎奉行を務めた唐津城主
天海 徳川家康側近 家康の信頼篤い黒衣の宰相
藤堂高虎 今治藩主 外様ながら家康に信頼さた築城の名手
徳川家光 将軍(3代) 幕府の基礎を作った第三代将軍
徳川家康 将軍(初代) 徳川260年の礎を作った戦国の覇者
徳川綱吉 将軍(5代) 館林藩主から将軍となった犬公方
徳川秀忠 将軍(2代) 父、家康の築いた土台を守った2代将軍
徳川吉宗 将軍(8代) 享保の改革を行った紀州藩出身の8代将軍
  徳川頼房 水戸藩主 水戸徳川家の祖で水戸黄門の父
徳永寿昌 高須藩主 関ヶ原の論功調査を任された外様大名
戸田氏鉄 大垣藩主 家康の近習から10万石の大名となった
富田一白 安濃津藩主 秀吉の関東方面外交官
豊臣秀頼 大坂藩主 秀吉の期待を一身に集めた豊家の跡取
鳥居元忠 矢作藩主 西軍相手に伏見城で徹底抗戦し散った老将
直江兼続 上杉景勝家老 越後上杉家を仕切っていた、大大名並の陪臣
中村一忠 米子藩主 父に替わって家康の東軍についた
成瀬正成 尾張藩付家老 出世の最年少記録を作った
南部利直 盛岡藩主 わんこそばのきっかけを作った初代盛岡藩主
支倉常長 仙台藩 慶長遣欧使節の副使
平岡頼勝 徳野藩主 東軍への寝返りを主導した小早川秀秋の付家老
福島正則 広島藩主 関ケ原では家康の先鋒もつとめた、賤ヶ岳七本槍の筆頭
藤田信吉 西方藩主 北条、武田、上杉、徳川と主家を変えた
芳春院 前田利家正妻 11人の子を産んだ前田利家の正妻
細川忠興 中津藩主 ガラシャの夫で利休七哲のひとり
堀尾吉晴 松江藩主 猟師から武将に返り咲いた仏の茂助
本多忠勝 大多喜藩主 怪我ひとつしなかった、徳川四天王のひとり
本多正純 宇都宮藩主 宇都宮釣天井事件で失脚したブレイン
本多正信 玉縄藩主 武断派と仲の悪かった徳川の千恵袋
前田利常 金沢藩主 兄の養子となり前田家の大封を保った
前田利長 金沢藩主 母、芳春院を家康の人質に出して家を守った
松平定信 白河藩主
老中
 
松平忠輝 高田藩 伊達政宗の娘五郎八姫を娶った家康の六男
松平忠直 福井藩主 父、秀康を継いだ第2代福井藩主
松平忠吉 清州藩主 実兄秀忠からも信頼されていた家康四男
松前慶広 松前藩主 松平と前田から一字ずつ頂き蠣崎氏から改名した
向井忠勝 旗本 最大の安宅船を造船した御船手奉行
村井長頼 加賀藩士 髭殿と呼ばれた前田家の重臣
愛姫 伊達政宗正室 京都にあって夫、正宗を支えた田村御前
最上義光 山形藩主 上杉勢をけちらし山形57万石の太守となった
母里太兵衛 福岡藩士 名槍を呑みとった黒田官兵衛の重臣
や  柳生石舟斎(宗厳) 剣術師 無刀取りで徳川家師範の礎を築いた
柳沢吉保 大老
甲府藩主
将軍綱吉が重用した元館林藩士
山内一豊 土佐藩 妻千代とともに成った一国一城の主
山内千代 山内一豊正室 夫を土佐一国の国主に就かしめた才女
山名豊国 但馬七美領主 鳥取城から追い出された名門の末裔
結城秀康 結城藩主 小山家から入って家督を相続した
吉田松陰 長州藩士 松下村塾で知られる長州の討幕派
淀殿 豊臣秀頼生母 戦国が生んだ気高き側室
義姫 伊達政宗生母 敵である伊達家に嫁いで政宗を生んだ
留守政景 仙台藩 名族を継いだ伊達政宗の叔父
脇坂安治 大洲藩主 淡路水軍を任された七本槍のひとり
渡辺守綱 清州藩付家老 槍半蔵と呼ばれた徳川家譜代の雄
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright 2018 星野遊呆. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission