本文へスキップ

鎌倉は町丸ごと遊園地!鎌倉の魅力を詳しくご案内します!

物知り手帳company

<仏教関係>
(あ)

阿弥陀如来 あみだにょらい
阿弥陀は人が死んだ後に行く極楽浄土の教主で、修行中に48の誓い(阿弥陀の本願)を立てましたが、その中の18番目に、「未来永遠にわたってあらゆる人々が浄土に行けるようにします。できなければ仏にはなりません」というものがあります。
浄土系の宗派ではこれを特に尊び、南無阿弥陀仏と唱えれば誰もが極楽へ行けると説きました。
仏像の中でも一番徳があるとされ、鎌倉の寺院にも多くの阿弥陀如来像があります。


(か)

観音 かんのん
観音はとても身近な仏様で、正式には「観世音菩薩」ですが、「観自在菩薩」とも言われます。
自由に世の中のことや心の中を観ることができるとされ、救いを求めるものがあれば三十三の姿となって現れて救済してくれます。楊柳、竜頭、持経、円光、遊戯、白衣、蓮臥、滝見、施薬、魚籃、徳王、水月、一葉、青頸、威徳、延命、衆宝、岩戸、能静、阿耨、阿麼提、葉衣、瑠璃、多羅尊、蛤蜊、六時、普悲、馬郎婦、合掌、一如、不二、持蓮、灑水の三十三です。
JR大船駅から見える大きな大船観音は、白衣(びゃくえ)観音です。
また、よく聞く六観音とは、聖観音、千手観音、十一面観音、如意輪観音、馬頭観音、准胝観音(天台宗では准胝観音ではなく不空羂索)を指します。


(さ)

三十三観音 さんじゅうさんかんのん
(→観音)

七福神 しちふくじん
福の神として信仰されている七人の神様の総称です。七福神信仰は室町時代の末期、応仁の乱のために荒廃した京都で始まったと言われます。
恵比須(商売繁盛の神様)
大黒天(豊作の神様
弁財天(学問と財福の神様)
毘沙門天(勝負事の神様)
布袋和尚(開運、良縁、子宝の神様)
寿老人(長寿、幸福の神様)
福禄寿(福徳、長寿の神様)


釈迦如来 しゃかにょらい
仏教の開祖、お釈迦様の仏の姿です。


十王 じゅうおう
地獄において、死んだ者の審判を7日ごとに行うと言われる王の総称で、それぞれ、本地仏と呼ぶ本来の姿を持っています。
各王の本地仏と審判の役割は以下の通りです。
初七日 泰広王(本地仏:不動明王) 殺生について取り調べます。
二七日(14日目) 初江王(本地仏:釈迦如来) 偸盗(盗み)について取り調べます。
三七日(21日目) 宋帝王(本地仏:文殊菩薩) 邪淫の業について取り調べます。
四七日(28日目) 五官王(本地仏:普賢菩薩) 妄語(うそ)について取り調べます。
五七日(35日目) 閻魔大王(本地仏:地蔵菩薩) 六道(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上)のいずれに行くのか決定します。
六七日(42日目) 変成王(本地仏:弥勒菩薩) 生まれ変わる場所の条件を決定します。
七七日(49日目) 泰山王(本地仏:薬師如来) 生まれ変わる条件を決定します。
一周年(1年後) 都市王(本地仏:勢至菩薩)
三周年(2年後) 五道転輪王(本地仏:阿弥陀如来)
生前に十王を祀ることで、死後、生前の罪を軽減してもらえるという信仰もあります。

十三王 じゅうさんおう
十王に三王を加えた信仰です。
七回忌(7年目) 蓮華王(本地仏:阿しゅく如来)
十三回忌(13年目) 祇園王(本地仏:大日如来)
三十三回忌(33年目) 法界王(本地仏:虚空蔵菩薩)

(た)

大日如来 だいにちにょらい
真言密教の教主で、宇宙の中心仏です。


(な)

南無 なむ NEW
サンスクリット語の「ナマス」(帰依する・尊敬する)が語源です。
「南無阿弥陀仏」は、阿弥陀仏を尊敬します、という意味になります。


如来 にょらい
如来とはサンスクリット語で「真実から来た者」という意味になります。
修行を行い最高の境地に達した存在で、釈迦如来、阿弥陀如来、薬師如来、大日如来は、特に四如来と呼ばれます。

(は)

菩薩 ぼさつ
成仏を求め、如来に成ろうとする修行者のことです。
自分のためだけでなく、他人のためになることを考えながら修行をする人々ということで、仏に次ぐ信仰対象として尊ばれます。
観音菩薩(阿弥陀三尊の左脇侍で、十三の姿となって衆生を救います)
勢至菩薩(阿弥陀三尊の右脇侍で、衆生が地獄や餓鬼界へ落ちないよう救います)
文殊菩薩(知恵を司る仏です)
普賢菩薩(慈悲の仏です)
日光菩薩(薬師如来の脇侍で、薬師如来が昼夜問わずその力を発揮するのを手伝います)
月光菩薩(薬師如来の脇侍で、薬師如来が昼夜問わずその力を発揮するのを手伝います)
弥勒菩薩(釈迦入滅の56億7000万年後に仏となって衆生を救います)
地蔵菩薩(釈迦入滅後、弥勒菩薩降臨までの間、衆生を救います)
虚空蔵菩薩(広大無辺の知恵や功徳を持ちます)
などが知られます。

(や)

薬師如来 やくしにょらい
病を直す法薬を与えてくれる、医薬を司る仏様です。

(ら)

六観音 ろくかんのん
(→観音)




<地名・施設>

やぐら やぐら NEW
鎌倉でよく見かける岩盤をくり抜いた、中世のお墓です。
遺骨のほか、供養塔や石仏なども安置されました。
人口が増えたため、平地に墳墓を作ることが難しくなった鎌倉時代に
発案されたという説がありますが、史料の裏づけはされていません。
鎌倉には、2000以上のやぐらがあったと言われています。

 やつ NEW
入り組んだ地形が各地にある鎌倉の谷間を「やつ」と呼びます。
六十六谷と言われるほど、数多くの「やつ」があり、上杉氏の居館のあった扇ガ谷、比企氏の居館のあった比企ケ谷、日蓮が法難にあった松葉ケ谷などが有名です。
「やつ」の奥は寺院になっているケースが多いです。
「やつ」は、様々な方向に間口を開いており、同じ鎌倉でも「やつ」によって花の時期が違うことも珍しくありません。



県立鎌倉高校 けんりつかまくらこうこう
七里ガ浜を見下ろす高台に古くからある高校です。
懐かしの青春ドラマ「俺たちの朝」の舞台にもなっています。(岡田奈々の通う高校という設定)
和製ジェームス・ディーンと呼ばれた俳優、赤城圭一郎や、とんねんるずの石橋貴明の奥さんで女優の鈴木保奈美、そして当サイトの管理人の星野遊呆もこの高校出身です。


鎌倉七切通し かまくらななきりどおし
鎌倉は南は海、北と東と西の三方は小高い山に囲まれた天然の要塞。
源頼朝がここに幕府を開いたのは、そのためと言われています。
でも鎌倉に入るたびに山越えをするのは不便、ということで、山のところどころを掘削して通り道を作りました。
これが切通しで、中でも主要な七つを鎌倉七切通しと呼びました。
軍事的には、この狭い切通しを重点的に守備すれば、大勢の敵に攻められても安全だったわけです。


3つの海
鎌倉には3つの海岸があります。東から、材木座海岸、由比ガ浜、そして七里ガ浜
材木座海岸:滑川河口~逗子市方面
由比ガ浜:滑川河口~坂ノ下
七里ガ浜:稲村ガ崎~小動崎

(今後徐々に増やしていきます)





ゆかりの人物/鎌倉ガイド鎌倉ハイキング/鎌倉ガイド鎌倉カレンダー/鎌倉ガイド美術館・博物館/鎌倉ガイド江ノ電で行こう!/鎌倉ガイド物知り手帳/鎌倉ガイド花図鑑/鎌倉ガイド