本文へスキップ

鎌倉は町丸ごと遊園地!鎌倉の魅力を詳しくご案内します!

花図鑑鎌倉歩きで見かける花を集めましたcompany

季節
カワヅザクラ(河津桜) <花期:2月中旬~3月中旬>
いち早く咲く桜として有名で、伊豆の河津で発見されたことからこの名がついています。
オオシマサクラとヒカンサクラの自然交配種と言われ、花の色はソメイヨシノなどよりも濃い桃色です。



ハナニラ(花韮) 源氏山公園 <花期:2月下旬~4月上旬>
3cmほどの6弁の薄紫色の花は、星のように見えます。
葉をちぎると、ニラのような匂いがすることから
この名前がつきました。


 
ミツマタ(三又) 荏柄天神社(上) 海蔵寺(下) <花期:3月上旬~3月中旬>
全ての枝が3本に分かれることからこの名前が付いた、
ジンチョウゲ科の落葉樹です。
早春、葉が出る前に薄黄色の花を付けます。
赤色の花もあります。



ボケ(木瓜) 九品寺 <花期:3月中旬~4月中旬>
平安時代に中国から来たバラ科の帰化植物です。
春に赤や桃色や白の花を、枝一杯につけます。



ヤマブキ(山吹) 元八幡  <花期:3月中旬~4月中旬>
濃い目の黄色を山吹色と呼びますが、
晩春に咲くこの花が語源です。
バラ科の落葉樹で、地下茎によって群生します。



ソメイヨシノ(染井吉野) 妙本寺 <花期:3月下旬~4月上旬>
日本の桜を代表する品種。
エドヒガンサクラとオオシマサクラの交配種で
エドヒガンの特長、「葉が出る前に花が咲く」、
オオシマサクラの特長、「大きな花」の、
いいとこ取りの桜です。



シダレザクラ(枝垂桜) 東慶寺  <花期:3月下旬~4月上旬>
垂れた柔らかい枝に5弁の花をつけます。
濃い目の桃色の花をつける紅枝垂桜や、
薄い桃色の花をつける枝垂桜のほか、
八重咲きの花をつける品種もあります。



ユキヤナギ(雪柳) 海蔵寺 <花期:3月下旬~4月中旬>
雪のような小さな白い花が、細い枝にたくさん
連なって咲きます。
小米花とも呼ばれる、バラ科の落葉低木です。



レンギョウ(連翹) 扇ガ谷 <花期:3月下旬~4月中旬>
長い枝に黄色い4弁の花が密集して付きます。
地面に付いた枝の先端から根が生えて増える「蔓性」の
種類もあります。



スイセンスズラン(水仙鈴蘭) 収玄寺 <花期:3月下旬~4月中旬>
スノーフレークの別名もあります。
春、スズランに似た白い小さな釣鐘状の花をつける
水仙の仲間です。
スズランの花にはない、緑色の斑点が花弁にあります。


 
ベニバナトキワマンサク(紅花常盤万作) 収玄寺 <花期:3月下旬~4月中旬>
マンサク(トキワマンサク)の変種で、春に赤い花をつけます。



ヒモモ(緋桃) 御霊神社 <花期:3月下旬~4月中旬>
濃い緋色(紅色)の花をつける桃です。


 
ショカツサイ(諸葛菜) 十二所果樹園 <花期:3月下旬~4月中旬>
ハナダイコンあるいはムラサキダイコンとも呼ばれる
春の花です。中国が原産で、戦国時代の名軍師、
諸葛孔明にちなみます。
群生して咲く姿は、紫色の絨毯を連想させます。



ペチコートスイセン(ペチコート水仙) 収玄寺 <花期:3月下旬~4月下旬>
ラッパ状に黄色い花が、ペチコートに見えることから
この名がついた、地中海原産の水仙です。


 
シャクナゲ(石楠花) 海蔵寺(上) 熊野神社(下) <花期:3月下旬~5月下旬>
ツツジの仲間ですが、花の形はやや複雑。
葉にはケイレン毒が含まれるので注意が必要です。
唱歌「夏のおもいで」では、尾瀬高原の黄昏時の
空の色にたとえられています。


 
カイドウ(海棠) 海蔵寺(上) 光則寺(下) <花期:4月上旬~4月中旬>
ハナカイドウとも呼ばれるバラ科の落葉樹です。
春に濃い目の桃色の花を付け、
すぐに小さいリンゴのような実が付きます。
原産国の中国では、「美人」の形容詞です。



シャガ(著莪) 安養院 <花期:4月上旬~5月中旬>
やや湿った場所で見かけるアヤメを
小さくしたような花。
それもそのはずアヤメ科の多年草で、
種子はできません。
花弁にある紫と黄色の模様が特長です。



モッコウバラ(木香薔薇) 巽神社 <花期:4月~5月>
初夏に黄色や白の2~3cmの八重の花を
つけるバラの一種です。
枝にはトゲがありません。



オオデマリ(大手毬) 浄光明寺 <花期:4月~5月>
アジサイを小ぶりにしたような丸くて白い花を咲かせる
スイカズラ科の花です。
花の色は、咲き始めは黄緑で、やがて白くなります。



ツツジ(躑躅) 浄光明寺 <花期:4月~5月>
初夏の鎌倉を彩る花で、ピンク、赤、白などの
華やかな色彩の花が特徴。
花の先端は五つに裂けています。
昔から交配が盛んで、多くの種類が存在します。
サツキもツツジの仲間ですが、
花の時期が1ヶ月ほど遅いです。
花の形が複雑なシャクナゲもツツジの仲間です。



ウラシマソウ(浦島草) 十二所果樹園 <花期:4月中旬~5月上旬>
ハイキングの途中、雑木林や竹やぶなどの
湿った場所で見かけます。
濃い紫色の仏炎苞(大きな包葉)が特長で、
花の先から長く弧を描くように延びる部分が
浦島太郎の釣り竿あるいは釣り糸に見えることから
この名がついたといわれます。



ベニバナシャリンバイ(紅花車輪梅) 大巧寺 <花期:4月下旬~5月>
葉または枝の形が車輪のスポークに似ていることと、
梅をのような花をつけることからこの名がついたと言われます。
バラ科の常緑樹で、海のそばに多いのも特長。
花の色は基本は白で、紅色車輪梅は園芸種です。

初夏 セッコク(石斛) 海蔵寺 <花期:5月~6月>
ラン科の植物で、ほかの木や岩にくっつく着生植物。
初夏に白やピンクの花をつけます。
漢方薬として用いられ、健胃、解熱、強壮などの
効果があります。



ブラシノキ(ぶらしの木) 別願寺 <花期:5月~6月>
ブラシの穂に似た真っ赤な花をつけるフトモモ科の木です。
オーストラリアげ原産で、ハナマキ(花槙)とも呼ばれます。



サツキ(皐月) 東慶寺 <花期:5月下旬~6月上旬>
ツツジの仲間だが、5月下旬(陰暦の五月)に
咲き始めるため、この名がつきました。
新芽が伸び切ってから咲き始めるのがサツキですが、
ツツジとの見分けは難しいので、咲いている時期で
判断すると良いようです。



ホタルブクロ(蛍袋) 浄智寺 <花期:5月下旬~6月下旬>
初夏に釣鐘型の花を下向きにつける
キキョウ科の山野草。
花の色は白、赤紫、紫などがあります。
子供が花の中に蛍を入れて遊んだことから
この名がついたといわれます。



キンシバイ(金糸梅) 長谷寺 <花期:5月下旬~6月中旬>
初夏に、梅に似た5弁の黄色い花を付けることから
この名がつきました。
オトギリソウ科の花で、半日陰でも育ちます。

ハナショウブ(花菖蒲) 東慶寺 <花期:6月上旬~6月中旬>
アヤメ科の花。
花の付け根に三角の黄色い模様があるのが特徴。
花の色は紫系多いが、白い花もあります。
アヤメ、カキツバタとよく似ていますが、
見分け方は下記の通り。
アヤメは、花の付け根の模様が網目状で、
乾いた場所に生えます。
また、カキツバタは花の付け根の模様が白く、
水の中から生えます。



キョウガノコ(京鹿子) 海蔵寺 <花期:6月上旬~7月上旬>
京染めの鹿の子絞りの模様のように、細かくて
小さな花が咲くことからこの名が付きました。
濃い桃色の花ですが、優しげな和の雰囲気を感じます。



タチアオイ(立葵) 小町 <花期:6月~7月上旬>
入梅前後に咲き始め、梅雨明けの頃に花が終わることから
梅雨葵の別名があります。
高く伸びた茎に、いくつもの華やかで大きな花が付きます。



アジサイ(紫陽花) 明月院 <花期:6月~7月上旬>
鎌倉の花といえばこの花。
梅雨に大きな手まり状の花を付けますが、
花に見えているのはガク。
開花してから色を変えていくのが大きな特徴。
明月院にはヒメアジサイが多いです。



イワタバコ(岩煙草) 東慶寺 <花期:6月上旬~6月中旬>
タバコと付くのは葉の形が似ているからで、
タバコの仲間ではありません。
ただし葉は大きくても20cm程度であり、
タバコのような50cmもの葉はつけません。
日陰の湿った岩場に育ち、梅雨の時期に
星型の小さな花を咲かせます。



ナツツバキ(夏椿) 長谷寺 <花期:6月中旬~7月上旬>
シャラノキとも呼ばれるツバキ科の木で、
梅雨時に白い花をつけます。
樹皮が斑紋上にハゲ落ちることから、
中国地方ではサルスベリとも呼ばれます。
箱根などに自生することで有名なヒメシャラは、
このシャラノキの仲間です。



ハンゲショウ(半夏生) 海蔵寺 <花期:6月中旬~7月中旬>
半夏生(夏至から11日後、毎年7月2日頃)に咲くことから、
この名がついています。
湿地に咲き、葉の下半分が白くなるため、
「半化粧」から転じたという説もあります。
カタシログサ(片白草)とも呼ばれます。



ノウゼンカズラ(凌霄花) 妙本寺 <花期:7月上旬~7月下旬>
夏に鮮やかなオレンジ色の花をつける、
蔓性の植物です。
他の樹や壁、棚などに蔓を巻きつけ、
そこから垂れ下がる枝に花がつきます。



キキョウ(桔梗) 大巧寺 <花期:7月上旬~8月下旬>
秋の花のイメージが強いですが、夏に咲き、
それも花期の長い花です。
キキョウ科の花で、星型の花は紫のほかに
白いものもあります。



ハス(蓮) 旗上弁財天社 <花期:7月中旬~8月上旬>
「人は死んだ後、極楽浄土の蓮の上で、
阿弥陀如来によって救済を受ける」、
という説法から、仏教との関係が深い花です。
花の色は白かピンクで、地下茎はレンコン(蓮根)です。



サルスベリ(百日紅) 長勝寺 <花期:7月中旬~10月上旬>
木登りの上手な猿でさえ滑り落ちてしまうほど、
幹がツルツルしていることから名づけられました。
鮮やかな濃いピンクや白い花を、百日間も楽しめることから
百日の紅という字があてられていますが、
同じ花が咲き続けるわけではなく、
実際には、枯れた花のそばに別の花が
咲いていくそうです。



ムクゲ(木槿) 長谷寺  <花期:7月下旬~9月上旬>
夏から秋に白や紫や赤の花を咲かせる
アオイ科の花です。
朝咲いて午後から夕方にかけてしぼんでいきます。
フヨウによく似ていますが、直線的な枝を上に
伸ばしていくのが特徴です。
園芸種が多数あります。



フヨウ(芙蓉) 長谷寺  <花期:8月上旬~9月上旬>
真夏にさわやかな桃色や白の大輪を咲かせるアオイ科の花で、
ムクゲと同じく一日花で、夕方にはしぼみます。
芙蓉は中国で「美人」の形容詞として使われ
富士山の別名「芙蓉峰」は
それほどに美しい山だから名付けられました。

スイフヨウ(酔芙蓉) 大巧寺  <花期:9月上旬~10月上旬>
フヨウの園芸種で、小町近辺の寺でよく見かけます。
漢字で書くと、酔う芙蓉。これは朝方白かった花が、
夕方には赤く変わって
まるで酒に酔った顔のよう、という意味です。



ケイトウ(鶏頭) 浄智寺  <花期:9月上旬~10月上旬>
ニワトリのトサカに似た花をつけることから、この名がつきました。
花の色は赤のほか、桃色や黄色もあります。



ハギ(萩) 宝戒寺  <花期:9月中旬~9月下旬>
鎌倉の秋を代表する花のひとつで、豆科の低木です。
秋の七草にも数えられます。
長く花枝を伸ばし、赤紫や白の小さな花をつけます。
楕円の3出複葉も特長のひとつです。



ヒガンバナ(彼岸花) 光照寺  <花期:9月中旬~9月下旬>
秋のお彼岸頃に、真っ赤な放射状の花をつけます。
マンジュシャゲ・マンジュシャカ(曼珠沙華)
という別名は有名ですが、
シビトバナ(死人花)とも呼ばれます。
お墓を守るために植えられてきたのがその理由です。



シュウメイギク(秋明菊) 長谷寺 <花期:9月下旬~11月上旬>
名前にキクが付きますが、アネモネなどと同じ
キンポウゲ科の花です。
本来は紫紅色の花を付けますが、
白い花は園芸種です。



ススキ(薄) 浄智寺  <花期:9月下旬~10月下旬>
夏の終わり頃から、白くて長い花穂をつけ始める
イネ科の植物です。
花穂は尾花とも呼ばれ、「幽霊の正体見たり枯れ尾花」
などと詠まれています。



コムラサキの実(小紫の実) 浄智寺  <時期:9月下旬~12月上旬>
クマツヅラ科の落葉樹で、初夏、薄紫色の花を咲かせ、
秋、葡萄状の紫色の実を多数つけます。
小式部とも呼ばれます。
白い実がつくのは、白式部です。



キンモクセイ(金木犀) 旧華頂宮邸  <花期:10月上旬~10月中旬>
秋に、甘くて強い香りのオレンジ色の
小さな花を付けます。
キンモクセイの香りは芳香剤としても
多用されており、お馴染みの香りです。



ツワブキ(石蕗) 大船観音寺  <花期:10月下旬~11月下旬>
晩秋から初冬に黄色の彩りを楽しませてくれる
キク科の多年草です。
フキに似た丸くて肉厚の葉が特長です。



マンリョウの実(万両) 瑞泉寺  <時期:11月上旬~12月下旬>
ヤブコウジ科の低木で、高さ1m程度まで成長します。
晩秋から冬にかけて、葉の下にたくさん赤い綺麗な実を、
幹の周囲を囲むようにつけます。



センリョウの実(千両) 壽福寺  <時期:11月上旬~12月下旬>
茎の先、数枚の葉の中央に赤くて小さな実が
10~20個付きます。
夏に緑色の花をつけますが、センリョウと言えば
やはり赤い実で、正月の縁起物にもなります。
マンリョウに似ていますが、別の科です。



サザンカ(山茶花) 長勝寺  <花期:11月下旬~12月下旬>
秋から冬に赤い八重の花をつけます。
中国が原産の椿の仲間で、漢字の「山茶花」は
中国語で椿類全般を指します。
サンサカ→サザンカに訛ったと言われています。


モミジの紅葉(紅葉) 長勝寺  <時期:11月下旬~12月下旬>



イチョウの黄葉(銀杏・公孫樹) 青蓮寺  <時期:11月下旬~12月下旬>
ニホンスイセン(日本水仙) 段葛  <花期:12月~4月>
冬に咲くので雪中花とも呼ばれる、ユリ科の花。
花弁は白、副花冠は黄色の杯状。
晩秋に伸びだした葉に、5~7個の香りのよい花を付けます。



マンサク(万作) 東慶寺  <花期:2月~3月>
冬から早春に、細長い黄色の花をつけます。
中央の丸い花弁は茶褐色や緑色です。
早春に「まず咲く」花で、それが訛って「まんさく」という名が
付いたという説が有力です。



ウメ(梅) 宝戒寺  <花期:2月~3月>
冬から早春に咲くバラ科の落葉樹で、
桜と並んで日本の花の代表。
品種は300以上ありますが、花弁は5枚で
色によって紅梅、白梅、蝋梅(黄色)などと呼ばれます。
天満宮に祀られている菅原道真が愛した花でもあります。



フクシュゾウ(福寿草) 瑞泉寺  <花期:2月~3月>
新年を飾る黄色い花として知られますが、
野生の花期は2月から3月です。
芽を出した姿はフキノトウに似ていますが
食べると中毒を起こすので注意が必要です。





ゆかりの人物/鎌倉ガイド鎌倉ハイキング/鎌倉ガイド鎌倉カレンダー/鎌倉ガイド美術館・博物館/鎌倉ガイド江ノ電で行こう!/鎌倉ガイド物知り手帳/鎌倉ガイド花図鑑/鎌倉ガイド