家康手植えの蜜柑の残る
駿府城すんぷじょう
場所 静岡県静岡市葵区駿府城公園
旧国郡名 駿河国 安部郡
別名 旧今川氏館
種別 平城
築城時期 1585年(天正13年)
築城背景 駿河国守護、今川家が居館とした場所に、徳川家康が居城とすべく築城。
名城 日本100名城  私の500名城
主な城主 徳川家康中村一氏、内藤信成、徳川家康、徳川頼宣
天守 5重7階天守
主な遺構 石垣、堀
主な再建物 櫓、門
交通 JR東海道線 静岡駅 徒歩約15分
駐車場 周辺の有料駐車場
徒歩・登山 静岡駅〜徒歩15分〜本丸
<個人評価>
総合 遺構 再建整備 知名度 アクセス
歩15分

巽櫓(再建)

中掘と東御門(再建)

二の丸水路
(本丸掘と二の丸掘を接続している)

本丸跡の徳川家康像
構成 駿河国西部、安倍川の東岸の平野部に築かれた平城。

本丸を中心に、外側に、内堀、二の丸、中堀、三の丸、外堀と綺麗に構成された典型的な輪郭式の城郭だった。

江戸時代に消失してしまったが、5重7階(内部は7階建てで外観は5重)の天守が存在していた。
縄張図
または
現地
案内図
現状 現在は駿府公園となっている。
二の丸の南東隅にあった巽櫓や、二の丸の東御門などが再建されており、また、内堀の一部、中掘すべて、外堀の多くが残っている。
本丸跡には、徳川家康が隠居してから手植えしたと言われる、蜜柑の木も残っている。
三の丸は市街化されており、県庁や学校などが建ち並ぶ。
略歴
●今川館
1399年 今川泰範が館(今川氏館)を構築
(中略)
1487年 今川氏親が当主に
1526年 今川氏親が死没、今川氏輝が当主に
1536年 今川氏輝が急死、花倉の乱が起こる
今川義元が当主に
1547年〜1560年 今川義元の人質として徳川家康が過ごす
1560年 今川義元桶狭間の戦で討ち死に
今川氏真が当主に
1569年 今川氏真武田信玄から攻められ城を脱出。その後炎上。(駿府攻め
●駿府城
1585年 今川家のあとから駿河国の領主となった徳川家康が、同地に駿府城を築城
1590年 豊臣秀吉小田原城攻め後の徳川家康の関東移封により、中村一氏が城主に
1600年 内藤信成が城主に
1607年 隠居した徳川家康が居城に
火災で本丸が焼失
1608年 再建
1609年 徳川頼宣が城主に
1610年 天守完成
(後略)