上総最北、北条方の一大拠点
坂田城さかたじょう
場所 千葉県山武郡横芝光町坂田534付近
旧国郡名 上総国 武射郡
別名 市場城
種別 平山城
築城時期 14世紀中頃
築城背景 千葉家が築城(異説あり)
名城 私の500名城
主な城主 千葉家、三谷家、井田家
天守 なし
主な遺構 土塁、堀切、空堀、土橋
主な再建物  
交通 JR総武本線 横芝駅 約35分
駐車場 坂田池公園の無料駐車場など
徒歩・登山 無料駐車場〜登5分〜本丸
<個人評価>
総合 遺構 再建整備 知名度 アクセス
登5分

坂田池方面から臨む

主郭(本郭)の空堀

三郭へ続く土橋

空堀

広大な四郭
noimage
構成 上総国北端、下総との国境近くの横芝にある舌状台地に築かれた平山城。

中世城郭としてはかなりの規模で、南側に主郭(宇牙城)、二郭を並べて空堀で囲み、その北に三郭を、さらにその南には2重の堀切を隔てて広大な四郭と五郭(外城)を配した。

城の南には坂田池があり、天然の外堀として機能していた。

長倉城、小堤城、浜手城などの支城があった。
縄張図
または
現地
案内図
現状 坂田城梅林となっており、主郭部の曲輪や空堀、土塁、土橋、虎口などの遺構が綺麗に残っている。

三郭、四郭、五郭は梅林となっており、四郭と五郭の空堀は埋められている。

梅の季節には梅まつりが開催される。

車の場合、少し登ると主郭に達する坂田池公園の駐車場がお薦めだが、四郭にも臨時駐車場がある。(案内板より)
略歴
1350年頃 千葉が築城
  (中略)
  その後、千葉家の一族、三谷家の居城に
1555年 城主、三谷信慈、対立していた井田友胤に襲われ死没、これにより井田家の支配下に
1556年 井田胤徳が城を修復し、敵対する里見家に備える
1590年 豊臣秀吉小田原城攻めの際、井田胤徳は小田原城に入城しており、豊臣勢の来航を受けて無血開城。これにより廃城